頬が乾燥していると肌がしぼんで見えてしまいがち…


意外と乾燥しやすい頬…ピンとした弾力肌に近づける頬のスキンケア

乾燥しやすい部分というと目元や口元のイメージが強く、頬は皮膚が厚くて乾燥しにくい部分だと思っていませんか?頬には皮脂腺が少なく潤いを保つことが難しいと言われています。また、頬杖をついたり、うっかり触ってしまったり…意識しないうちに摩擦を与えている可能性があり、乾燥を招いてしまう場合も…。頬は意外とデリケートな部分なので、スキンケアをするときに、より丁寧に行っていくことが大切ですよ。

弾力のある頬になるためのスキンケア方法


意外と乾燥しやすい頬…ピンとした弾力肌に近づける頬のスキンケア

毎日欠かせない洗顔やクレンジングですが、摩擦や刺激が蓄積されると乾燥の原因になってしまいます。クレンジングの洗浄力が強かったり、泡立てないまま洗顔料を使うと角質層が傷つきやすくなってしまうため、クレンジング剤は低刺激のものを選び、洗顔はたっぷりの泡を立てて洗っていきましょう。

洗浄力の弱いクレンジング剤を使うと、濃いベースメイクをきちんと落とすのが難しいため、落ちやすいベースメイクアイテムを使ったり、肌に負担をかけにくいミネラルファンデーションを使うことをおすすめします。

そして、頬の保湿ケアは顔全体に化粧水を馴染ませたあと美容液がたっぷり含まれたシートマスクや、コットンパックをすると効果的です。美容成分を乾燥した肌に送り届けて集中的に保湿をして、潤いで満たしてあげましょう。クリームや乳液は、擦らないように少しずつ重ね塗りをしてハンドプレスをしながら馴染ませます。

頬は特に紫外線が当たりやすい部分なので、紫外線対策がきちんとできていないと紫外線の影響により乾燥が悪化してしまうと言われています。朝のスキンケアを念入りに行ってから、保湿成分がたっぷり含まれた日焼け止めを塗り、日中は日焼け止め効果のあるパウダーをこまめに塗り直してあげるといいですね。

また、ベースメイクをするときに化粧下地やファンデーションをスポンジや手で叩き込んでいる方も多いはず。摩擦を与えないように油分が多めのリキッドファンデーションやクリームファンデーションを手のひらで伸ばしてから優しくタッチするように馴染ませると、肌への摩擦を軽減できますよ。雑菌が繁殖しやすいスポンジやブラシをこまめに洗って清潔にしておくことも大切です。

頬の保湿ケアで乾燥しにくいしっとり肌に


頬は面積が広くて出っ張りがあるため、紫外線や外気の影響を受けやすい部分です。頬が乾燥していると、ファンデーションやチークがうまく乗らずにベースメイクの仕上がりを左右してしまうので、摩擦を与えないお手入れと頬に潤いをたっぷり与える保湿ケアを心がけてみてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/