色素沈着につながる代表的な3つの原因とは?


色素沈着を引き起こす3つの大きい原因とシミを濃くしないための対策

一度できるとなかなか消えない色素沈着は、炎症によるもの・摩擦によるもの・圧迫によるものの3つの原因があります。

1つめの原因は、ニキビの炎症やニキビを潰したとき、虫に刺されて掻いてしまったことによるもの。皮膚が炎症をおこし、肌にシミの元となるメラニンが大量に作られることで、色素沈着になってしまう場合が。この色素沈着は、肌の炎症が治った後に、酷いと黒っぽい色素沈着になってしまうと言われています。

2つ目の原因は、顔や身体をゴシゴシ洗ったり、知らず知らずのうちに肌へ摩擦や刺激を与えてしまったことによるもの。肌にダメージが加わってメラニンが過剰に作られることにより色素沈着につながる可能性もあります。

3つ目の原因は、きつい下着や洋服を着用したり、肘をついたり、頬杖などによるもの。肌が圧迫されて色素沈着や黒ずみの原因に。特にサイズの小さいショーツを履いていると、デリケートゾーンや太ももの付け根あたりが圧迫されて、皮膚に大きな負担がかかってしまうのです。

関連画像をもっと見る

日々の生活を見直して色素沈着の悪化を防ごう


色素沈着を引き起こす3つの大きい原因とシミを濃くしないための対策

色素沈着が悪化すると、念入りにお手入れをしても綺麗な肌に戻すことは、かなり難しくなってしまいます。色素沈着の原因である炎症・摩擦・圧迫を防いで、それ以上の色素沈着も予防しましょう。

まずは、ニキビを潰すこと、肌の掻きむしりをやめましょう。虫に刺されたあとはすぐに肌を冷水で洗い流し、冷たいタオルや保冷剤で冷やすと、かゆみが和らぐと言われています。その後で、かゆみ止めを優しく塗ることをおすすめします。

また、顔や体のごしごし洗いも要注意。たっぷりの泡で洗顔や身体を丁寧に洗うこと、力を入れずに優しくクレンジングやスキンケアをすること、カミソリや毛抜きでのムダ毛処理に気をつけること、肌を擦らないことも大切です。うっかり顔や身体に摩擦や刺激を与えている場合があるので、意識して自分の習慣を見直してみてくださいね。

そして、できるだけ自分に合ったサイズの下着やショーツを着用し、肘や頬杖をつかないようにして圧迫を防ぎましょう。日常生活のちょっとした心がけ次第で色素沈着の悪化を防ぐことができますよ。

原因を知りつつ色素沈着を悪化させない対策を


色素沈着にはあらゆる原因がありますが、その中でも日常生活の中でやってしまいがちな炎症・摩擦・圧迫によるものをご紹介しました。自分の色素沈着はどの原因に当てはまるのかをチェックして対策をしてくださいね!


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/