肝斑のお手入れはインナーケアが重要!肝斑の見極め方


肝斑の見分け方と内服薬でのインナーケアで透明感のある肌へ

「妊娠中やピルの服用中にできた」「若いうちはなかったのに30代〜50代になってからだんだん増えてきた」「薄茶色〜濃い茶色のシミになっている」「左右の頬骨に輪郭がぼやけたシミができた」「女性ホルモンが乱れやすく身体が疲れやすい」という方は、紫外線によるシミではなく肝斑かもしれません。

肝斑は、女性ホルモンのバランスが乱れることが大きな原因であるため、まずは食生活を始めとした生活習慣を見直していくことがポイントです。

関連画像をもっと見る

肝斑におすすめの内服薬と生活習慣とは?


肝斑の見分け方と内服薬でのインナーケアで透明感のある肌へ

肝斑は身体の内側からのケアが大切だと言われています。ビタミンたっぷりの野菜や果物を心がけて食べたり、トラネキサム酸・ハイチオール・ビタミンE(ユベラ)の使用が肝斑におすすめです。

トラネキサム酸は、美白化粧品に含まれていることが多く、メラニン色素を作り出す情報伝達を阻止して美白効果をもたらします。皮膚科やクリニックでも肝斑の治療として内服薬で処方されることが多いようです。

ハイチオールはL−システインが主な成分で、肌の代謝を促して新しい肌細胞の生まれ変わりを助けてくれるため、既に肌にできているシミにもアプローチしてくれます。

ビタミンEは、血流を促進することで肌のターンオーバーを整えてメラニン色素が含まれた古い角質をスムーズに排出してシミや肝斑を目立たなくしていく働きがあります。ビタミンCと相性が良く、一緒に摂取すると相乗効果が得られたり、冷えにも効果的ですよ。

また、ホルモンバランスを整えるためにも、質の良い睡眠をたっぷり取り、ストレスを溜めないようにリフレッシュをするといいでしょう。肝斑は女性ホルモンの乱れが大きな原因ですが、紫外線を浴びると濃くなってしまう場合があるため、日焼け止めクリームや帽子などを使って紫外線対策を行ってくださいね。

肝斑の治療はレーザートーニングもおすすめ!


内服薬や生活習慣を見直しても肝斑がなかなか薄くならない場合は、皮膚科や医療機関でのレーザートーニングが効果的だと言われています。レーザートーニングはレーザーの中でも出力が弱いため、肝斑に刺激を与えずに長年蓄積されたメラニン色素を少しずつ取り除いていく治療法です。レーザートーニングは1回の施術ではあまり効果を実感できないので、継続的に受けることが重要だそうです。

いかがでしたか?自分に合ったケア方法で肝斑のお手入れをしてあげてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/