人に言えないデリケートゾーンの臭い…臭いの原因とは?


人に言えないデリケートゾーンの臭い…臭いの原因とは?

女性ホルモンの働きによるもの


女性ホルモンのバランスによって、おりものの量やにおいは多少変化します。とくに20代から30代は女性ホルモンの分泌量が最も多いので、おりものや経血の量も増加します。

おりもの特有のすっぱい臭いは、じつは膣(ちつ)の中が健康に保たれている証拠なのだとか。というのも、膣内が乳酸によって酸性であることで、他の細菌が繁殖しづらくなるからです。

女性は生理の臭いも気になりますよね。とくに生理の終わりかけは、経血の量が減って排出されるまでに体内で酸化してしまうので、臭いが強くなります。また生理が始まる前の数日間も、臭いの強いおりものが出やすい時期です。

おりものや経血でデリケートゾーンが汚れていると、臭いが発生しやすくなります。汗でムレた状態も、臭いの大きな要因です。

関連画像をもっと見る

細菌感染もしくは病気


急にデリケートゾーンの臭いが強くなり、とくに生ゴミのような腐敗臭がする場合は、デリケートゾーンにたまった汚れが原因で、細菌が繁殖している状態かもしれません。さらに、強いかゆみがあったり、おりものが異常に増えたりなどの症状も併発していれば、性感染症など病気の可能性も。放っておくと危険なので、自己診断せず、すぐに婦人科を受診しましょう。

「すそわきが」によるもの


おりものや経血、病気のせいではなく、常にデリケートゾーンの臭いが強いという場合は、「すそわきが」の疑いが。ワキの下やデリケートゾーンに、臭いの強い汗を出す「アポクリン腺」が多い人は、「わきが」「すそわきが」に当てはまります。女性ホルモンによる酸っぱい臭いや細菌感染による腐敗臭とは少し違っていて、わきが特有の苦みのある臭いがします。

わきが体質の人は、多汗症である場合が多いのだとか。汗をかき、デリケートゾーンを長時間湿った状態にしておくと、細菌が繁殖しやすくなって、さらに臭いは強くなります。

デリケートゾーンが臭う時の対策法


デリケートゾーンが臭う時の対策法

正常なおりものの臭いやアポクリン腺の臭いは、適切なセルフケアをすることで、いくらか軽減することができます。臭い対策の基本は、デリケートゾーンを常に清潔に保つこと。下着選びや洗い方に気を付けて、気になる臭いを減らす努力をしましょう。

ムレにくい環境づくりを


デリケートゾーンが高温多湿な状態が続くと、どうしても臭いは増殖します。肌荒れやかゆみの原因にもなるので、通気性の良い環境を保つことが大切です。ムレを防止するには、まず下着選びから見直しましょう。吸湿性の高い、綿やシルクなど、天然素材の下着がおすすめです。また夏場のスキニーデニムやパンティストッキングの着用は、デリケートゾーンがムレやすいので、できるだけ控えましょう。フィットしすぎないワイドパンツや、ガーターストッキングなら、こもりがちなデリケートゾーンの湿気を逃せるので、一日快適に過ごせそうです。

おりものシートやナプキンはこまめに交換


最近のおりものシートやナプキンは高性能なので、長時間つけっぱなしでも、べたつきや漏れが気にならない商品も多いですよね。でも汚れたシートやナプキンをつけっぱなしにしていると、雑菌が繁殖して大変危険です。臭い防止のためにも、シートやナプキンは数時間おきに交換しましょう。

デリケートゾーンのお手入れを念入りに


デリケートゾーンに汚れがたまっていると、臭いが発生しやすくなります。皮膚炎や病気を引き起こすこともあるので、毎日お風呂でよく洗いましょう。ただしデリケートゾーンは皮膚が薄く、粘膜が多い部分。一般的な石けんやボディソープでゴシゴシ洗うと、刺激になってしまう場合も。肌に近い弱酸性のデリケートゾーン専用ソープで、やさしく丁寧に洗います。

アンダーヘアのお手入れも


アンダーヘアの処理をしていないと、おりものや経血などがこびりつきやすかったり、汗でムレやすかったりと臭いの原因になります。とくにIOラインの毛量が多い人は、正しいムダ毛ケアでアンダーヘアの量を調節しましょう。

健康に気を付ける


過度なストレスを受け続けたり、暴飲暴食、睡眠不足など生活が乱れていたりすると、体臭がきつくなりますよね。原因は体内で作り出されたアンモニアなどの毒素が、肝臓で処理しきれなくなるからだと言われています。体の免疫力が落ちると膣の自浄能力も低下するので、デリケートゾーンのトラブル、臭いが増加します。本気で臭い対策を考えるなら、まずは健康な身体づくりから始めましょう。

デリケートゾーンのおすすめの臭い対策グッズ5選


デリケートゾーンのおすすめの臭い対策グッズ5選

コラージュフルフル「泡石鹸」


人の皮膚と同じ弱酸性、無香料・無着色の低刺激仕様で、デリケートゾーンの汚れをやさしく除去できる泡タイプ石鹸。真菌(カビ)や細菌の増殖抑制成分も配合されており、臭い対策の強い味方になりそう。

インティマ「インティマ」


泡立ちの良い、ジェル状のデリケートゾーン用ソープ。「乳酸」「ビタミンB5」が配合されており、デリケートゾーンをいつも健やかな状態に保ってくれます。爽やかな「ダンデライオン(フレッシュグリーンの香り)」、フルーティーな「マリーゴールド」、甘くやさしい「カモミール」と、3種類の香りから選べます。

ソフィ「デリケートウェット」


臭いが気になったとき外出先でサッと使える、持ち運び便利なデリケートゾーン用ウェットシート。超極細繊維だから肌触りが良く、使い終わったらトイレに流せるのもうれしいですね。おりものが多い日や生理中など、デリケートゾーンの汚れが気になるときにぜひ使いたい、携帯型エチケット商品です。

サラサーティ「サラリエ」


さらさらの感触が気持ち良い、空気を通すバックシート仕様のおりものシート。おりものが多い日は、おりものシートのこまめな交換が、臭い防止に効果的です。吸水性が良いので、水っぽいおりものでも安心。デリケートゾーンの体臭が気になる人は、シートの香りと混ざって変な臭いにならないように、無香料タイプをおすすめします。

セぺ「プチシャワー・セぺ」


生理の終わりかけは、経血が酸化して臭いの原因になりやすく、またかゆみなど不快感にも悩まされる時期。使い捨てのビデで膣内洗浄をすることで、デリケートゾーンをすっきり清潔に保つことができます。おりものが多いときも、週に2〜3本を目安に使用すれば、臭いも軽減できて快適に過ごせます。

まとめ


デリケートゾーンの臭い対策は、患部をいつも清潔に保つことが肝心です。デリケートゾーンをきちんと洗う、汚れた下着やナプキン・シートはこまめに交換する、場合によっては膣内洗浄を行って、臭いの原因を徹底的に取り除きましょう。ただしデリケートゾーンの強い臭いやかゆみなど異変を感じたときは、念のためすぐに婦人科を受診してくださいね。