大人ニキビのスキンケアは乳液で油分を補うことが大切


大人ニキビに効果的!毎日できる簡単な乳液の付け方とは?

大人ニキビは、乾燥して肌がごわつき始め、古い角質が蓄積されたりターンオーバーが乱れたりすることでできると言われています。

化粧水で水分を与えても、乳液の油分で蓋をしてあげないと蒸発してしまい、かえって乾燥してしまう場合もあるため、乳液は欠かせません。

大人ニキビができている肌はとてもデリケートなので、乳液をごしごし擦って塗り込むとさらに傷つきやすくなります。また、乳液をたっぷり塗ってしまうと油分が多すぎて毛穴が詰まってしまう可能性があるため、乳液の正しい塗り方で大人ニキビにアプローチしちゃいましょう。

関連画像をもっと見る

大人ニキビができているときの乳液のつけ方


大人ニキビに効果的!毎日できる簡単な乳液の付け方とは?

一般的な乳液をつけるタイミングは、化粧水→美容液→乳液。先につけるタイプの乳液(先行乳液)は、洗顔後すぐに化粧水の前に使いますが、ほとんどの乳液は化粧水や水分で潤いを与えた後の蓋代わりとして最後に使います。

化粧水や美容液で水分や潤いを与えてから、手のひらでしっかりハンドプレスをしてベタつきがなくなったら乳液に取り掛かりましょう。乳液をつける際に迷うのが、手のひらでつけるか・コットンでつけるかの2択ですよね。どちらもメリットとデメリットがあるので、自分に合う方をチョイスしてください。

手でつける場合は、手のひらの熱を加えて温められるので浸透力がアップしてよりもちもち肌に近づけます。
手のひらに乳液を適量取って、両手をこすり合わせるように温めてから、顔全体に軽く当てるようにつけていき、口元や目元の乾燥しがちな部分に重ね塗りしていきます。ニキビができている部分は薄く塗りましょう。仕上げにハンドプレスをして、手のひらに肌が吸い付いてくるようであれば完了です。

コットンを使う場合は、つけすぎを防ぎながら均等に乳液を塗ることができるでしょう。皮脂分泌が多い方は、コットンを使うのがおすすめですよ。ポイントは、柔らかいコットンに乳液をひたひたに染み込ませておくこと。この一手間で肌との摩擦を軽くすることができるそう。そして、コットンを顔全体にスッと優しく滑らせるように馴染ませていき、仕上げにハンドプレスをすればOKです。

乳液の油分で肌バランスを整えて大人ニキビにアプローチ!


手のひらを使うときも、コットンを使うときも、乳液を優しく押し付けるように馴染ませていくことが大切です。大人ニキビができている肌は敏感な状態なので、清潔な手のひらや柔らかくて素材にこだわったコットンを使うといいですね。化粧水と乳液で水分と油分のバランスを整え、美しい肌を手に入れましょう。