腕や脚をきちんと保湿しているはずなのに乾燥するワケ


乾燥した腕と脚…思わず触りたくなるなめらか肌になるボディケア

冬は外の空気がカラカラに乾いているだけでなく、室内では暖房やホットカーペット、電気毛布などにより乾燥した状態になりがち。それだけでなく、寒い冬は熱めのお湯に長時間浸かって身体の芯から温まっているという方も多いはず。お風呂で身体が温まっていても、冬は室内の乾燥や熱いお風呂などで肌の乾燥につながってしまうというわけなのです。

関連画像をもっと見る

しっとりなめらかな腕と脚にするボディケアって?


乾燥した腕と脚…思わず触りたくなるなめらか肌になるボディケア

特に冬、気をつけたいのが熱いお風呂に長時間浸かること。長い時間熱めのお湯に浸かっていると、肌のうるおい成分である必要な皮脂が洗い流されてしまい、みるみるうちに乾燥してしまうと言われています。

そのため、ボディの乾燥を防ぐためにお風呂の温度や浸かる時間を見直していきましょう。一般的に皮脂が流れやすいのは42度以上のお湯だと言われているため、最初はなかなか慣れないと思いますが40度前後のお湯にゆっくりと浸かるといいですね。また、身体を洗うときには粗めのナイロンタオルやボディブラシを使って洗うのは摩擦や刺激を肌に与えてしまうため禁物です。たっぷりの泡をつくり、手のひらで腕や脚を包み込むように優しく丁寧に洗っていきましょう。

入浴後の肌は乾燥スピードが速まるため、お風呂場に保湿クリームやボディオイルを持ち込んでタオルで拭く前に濡れた肌に直接保湿クリームやオイルを塗り込みます。着替えが終わった頃や寝る前にも保湿効果が高めのボディミルクやボディクリームを塗って、マッサージをしてあげることをおすすめします。冬のムダ毛処理はなるべく控えることも効果的ですよ。もしムダ毛処理をしたら、いつもより念入りにボディクリームやミルクを塗り込み、乾燥させないように心がけてくださいね。

腕や脚を乾燥させないように日頃から心がけてみて


入浴時間を使って肌を潤わせるなら、保湿効果の高い入浴剤を入れてゆっくりお風呂に浸かるといいでしょう。乾燥によりかゆみを感じやすい方は、敏感肌でも使える保湿系入浴剤を使い、お風呂の中でも乾燥予防をしてみてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/