ブロッコリーに含まれる栄養素と驚きの6つの効果とは


ダイエットや美肌効果!冬野菜の優等生「ブロッコリー」の豊富な栄養効果

ブロッコリーは、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、カリウム、マグネシウム、カルシウム、食物繊維といった成分が含まれるほか、ファイトケミカルの一種であるスルフォラファンなど、珍しい栄養素も含んでいます。

【脂肪を燃焼】
ブロッコリーに多く含まれるクロムというミネラルは、脂肪を燃焼させる作用があると言われています。また、脂質の代謝(脂質をエネルギーとして燃やす)に欠かせないビタミンB1も豊富なので、脂肪を体内に溜め込まないように働く作用があると言われています。

【腸内環境を整える】
ブロッコリーに含まれる食物繊維は、野菜の中でもトップクラスに入るほどの高含有率です。豊富な食物繊維を摂取することによって、便秘改善が見込めますが、ブロッコリーに含まれる食物繊維は不溶性(水に溶けづらい性質)なため、腸内で水分を吸収してカサを増し、腸のぜん動運動が促され、スムーズな排便に繋がります。

【デトックス効果】
ブロッコリーには強力な抗酸化作用と、解毒作用が期待できます。なぜなら、ブロッコリーにはファイトケミカルの一種のステフォラファンが含まれており、強力な抗酸化作用と、解毒作用があるからです。体内に取り込まれると、体を守るための酵素の生成を促します。そして体内の活性酸素を除去したり、有害な重金属の排出を促したりすると考えられています。また肝臓の解毒作用もあり、二日酔いにも効果があると言われています。

【むくみ解消】
ブロッコリーに含まれるカリウム量は、ブロッコリー100gあたり、360mgと多く含まれています。カリウムは体内の余分な塩分や水分の排出を促す作用があると言われているので、むくみ改善に効果が期待できます。

【美肌効果】
ブロッコリーは、レモンの2倍のビタミンCが含まれていると言われています。野菜の中ではかなり高い数値です。ビタミンCはコラーゲンを生成する働きがあるほか、ブロッコリーには肌を作る上で欠かせないビタミンB群も多く含まれているので、シミ・ソバカスにも効果があると言われています。また、ケルセチンというポリフェノールにより、体内の酸化を抑制し、老化防止にも繋がると言われています。

【疲労回復や貧血予防】
鉄分や葉酸・ビタミンB12による造血作用により、疲労回復や貧血の予防・回復に効果が期待できます。妊娠中にも積極的に摂取していただきたい野菜です。また、豊富に含まれるビタミンAは、喉などの粘膜を健康な状態に保ってくれます。健康な粘膜は風邪や口内炎などを予防してくれる効果が期待できます。

関連画像をもっと見る

新鮮なブロッコリーの選び方


ダイエットや美肌効果!冬野菜の優等生「ブロッコリー」の豊富な栄養効果

スーパーに並んでいるブロッコリー。できるだけ新鮮なものを選びたいですものですよね。そこで、ブロッコリーの正しい選び方をご紹介します。

【新鮮なブロッコリーの見極め方】
・緑色が濃く、鮮やかな色合いをしている(黄ばんでいるものは避ける)
・つぼみの部分がしっかりと密集している
・中央がこんもりと盛り上がっている
・房に隙間がなく芽が詰まっている
・茎の切り口が変色していない
・外葉がしおれていない
・茎が瑞々しく割れたりしていない

ブロッコリーを選ぶ際は、できるだけ上記のポイントに意識して選んでみてください。そして効率よく、美味しく、栄養を摂取していきましょう。

栄養を逃がさないブロッコリーの調理法


ダイエットや美肌効果!冬野菜の優等生「ブロッコリー」の豊富な栄養効果

ブロッコリーの栄養を無駄なく摂り入れるには、茹でるより、蒸して食べるのがオススメです。なぜなら、ブロッコリーに含まれるビタミンCは熱に弱く、水溶性のビタミンなため、茹ですぎると栄養が半減してしまうからです。ブロッコリーを茹でる際は、茎の部分もつぼみの部分もさっと茹で、少し固いくらいで食べるのがベターです。また、ブロッコリーを茹でた後、水に長くさらした場合も同様、ビタミンCが溶け出し、栄養が半減してしまう恐れがあります。ブロッコリーはもともとアクの少ない食材です。水にさらす必要はありませんので、ざるに上げて自然に粗熱をとりましょう。また、カロチンは、油と一緒に食べることで吸収率がグンとアップし、効果的に摂り込むことができますので、油と一緒に食べることもオススメです。

いかがでしたか?病気の予防や美容効果、ダイエット効果も期待できるブロッコリーは、調理法も幅広く、積極的に食べていただきたい緑黄色野菜です。しかし、ブロッコリーが体にいいからといって、ブロッコリーだけを食べればいいわけでありません。バランスよく、豊富な栄養素を摂り入れることが大切です。ぜひ毎日の食卓に彩りを添えて、食べてみてください!


 Profile

<執筆>
増子 光世(ますこ みつよ)
日本ビューティーフード協会インストラクター
−10kg のダイエットに成功したことを機に美容や健康にいいことを日々研究中。
ブログ:https://ameblo.jp/shining-warld/

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会 代表理事 鈴木梨沙(すずき りさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/