ヨーグルトを食べるのは朝・夜?どのタイミングで食べてる?


朝・夜?食前・食後?ヨーグルトを食べるタイミングのおすすめ

ヨーグルトといえば、朝食べることが多いというイメージが一般的には強いかと思います。朝食の献立の一品として、もしくはヨーグルトのみで朝食を済ませるという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、最近は夜にヨーグルトを食べるのがベストとも言われているのだとか。就寝中は腸が最も盛んに活動する時間帯であるため、ヨーグルトに含まれる乳酸菌によって腸内環境がより整いやすくなるのだそうです。巷では、夜は「腸のゴールデンタイム」とも呼ばれているようです。

では、朝ヨーグルトを食べるメリットはどこにあるのでしょうか。朝食にヨーグルトを食べるのをおすすめしたいのは、便秘に悩んでいる人です。ヨーグルトには排便を促す作用があるとされており、排便が朝の習慣にある人にはよりおすすめです。また、朝食を食べる習慣がないという人にとっては、口当たりがよくさっぱりしたヨーグルトは朝食の習慣づけを行うのに適している食材と言えそうですね。

関連画像をもっと見る

食前・食後、ヨーグルトを食べるタイミングはどちらが良い?メリットの違い


朝・夜?食前・食後?ヨーグルトを食べるタイミングのおすすめ

生きた乳酸菌を腸にしっかり届けたいという方は、ヨーグルトを食後に食べるのがおすすめ。実は、乳酸菌は胃酸に弱い性質があるのだとか。胃の中に食物がなく、胃酸が濃い食前にヨーグルトを食べると乳酸菌が腸に届きにくくなってしまうのだとか。食後の胃酸が薄まった状態のほうが、乳酸菌が腸に届きやすくなっているというわけですね。

反対に食前にヨーグルトを食べることのメリットは、ダイエット効果が期待できることです。食前にヨーグルトを食べると満腹感を得ることができ、食事の量が自ずと減るというわけですね。

ひと口にヨーグルトのメリットと言っても様々なものがあるため、どのタイミングで食べるのがベストであるという断定は難しそうですね。どのような効果を期待するかによって、いつ食べるのかを決めるようにしましょう。