顎にザラついた角栓ができやすい原因って?


顎のザラザラ角栓を徹底ケア!つるんとなめらか肌になる方法とは?

古い角質と皮脂が混ざり合い、毛穴に詰まることでできるのが角栓。皮脂分泌の多い鼻などの部分に角栓ができて悩んでいる方も多いはず。一方で、顎は比較的乾燥しやすい部分ですが、肌が乾燥したままにするとかえって皮脂が過剰に分泌される場合があります。さらに乾燥した肌は固くなってごわつきやすいため、毛穴が詰まり角栓ができやすい状態に。

関連画像をもっと見る

洗顔とコツコツ保湿で顎のざらつき・角栓ケアを


顎のザラザラ角栓を徹底ケア!つるんとなめらか肌になる方法とは?

洗顔をきちんとしているのに顎のザラつきや角栓が気になるという方は、洗顔をしすぎて乾燥を招き、皮脂が過剰に分泌されているかもしれません。ニキビや角栓予防にはもちろん洗顔が大切ですが、ザラザラとした感触が気になるからといって1日に何回も洗顔をするのは避けた方がいいでしょう。

必要な皮膚を洗い流さないように、洗顔料を使った朝と夜の2回で十分だと言われています。汚れをきちんと洗い流せて、肌に必要な潤いをしっかり守りながら洗い上げてくれる洗顔料を選ぶのもポイントですよ。

ザラつきをなんとかしようとしてついゴシゴシと洗いたくなりますが、擦り洗いは肌に負担がかかり乾燥を招くため、洗顔料をたっぷり泡立てて、なでるように優しく洗いましょう。

洗顔後の肌は潤いが逃げやすくデリケートな状態であるため、すみやかに化粧水を重ね付けしてザラザラ感があるところにコットンパックをするのも効果的です。肌を潤いで満たしたら、乳液やクリームを薄く伸ばして蓋をしていきましょう。角栓が気になるからと言って剥がすタイプの毛穴パックをしたり、毛抜きで無理矢理取るのは禁物です。時間はかかるものの、地道に落とすケアと潤いを補うケアを続けていくことで次第にザラつきや角栓が目立たなくなってくるはずですよ!

顎の紫外線対策も忘れずに!地道なケアですべすべ肌へ


これからの季節、だんだん紫外線量が増えてくるため、顎も頬などと同じように紫外線対策をすることが大切です。紫外線を浴びると角質層にダメージが加わってバリア機能が低下したり、肌の乾燥を引き起こしてしまうので、顎にも毛穴詰まりしにくい日焼け止めを塗って、毎日紫外線対策をしてあげてくださいね。


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/