お口半開きは口呼吸の証?お肌のたるみや老化の原因に!


その間抜け顔は今すぐやめて!お口の半開きはたるみや老化の原因に!

「口開いているよ!」

気がつくと半開きになっているお口。恥ずかしいですよね!周りから見たら、ボーッとしてそうに見えたり、間抜けに見えたり。キレイに装っていても、半開きの口でだらしなく見えてしまっては台無しですよね。

お口の半開きは、そうした見た目の印象のみならず、美容面でも悪影響を及ぼす可能性もあるのだとか!

そのひとつがお肌のたるみです。お口が半開きの人は、鼻呼吸ではなく口呼吸をしていることが多いのですが、この口呼吸は口周りの筋肉を使わず呼吸してしまうため、ほうれい線やたるみの原因につながると言われているのです!

口を閉じて鼻呼吸をしているときには、口の周りの細かい筋肉を無意識に使っているそうで、自然とお肌のリフトアップにつながっているんだとか!

とくに口周りの筋肉は、頬や目元、さらにはデコルテなどの筋肉とつながっているため、広い範囲に老化を加速させてしまう恐れがあると考えられています。

口が半開きの人は、睡眠時にも半開きで口呼吸している可能性がありますので、しっかり対策をする必要があります。

関連画像をもっと見る

鼻呼吸でたるみ老化防止!口部分にあてるマスクも効果的!


その間抜け顔は今すぐやめて!お口の半開きはたるみや老化の原因に!

口呼吸をしている人は、まずは鼻呼吸を意識しましょう。

口を閉じて10分、20分鼻呼吸を続けます。初めのうちは口を閉じることに疲れるかもしれませんが、これは口の周りの口輪筋が衰えてしまっている証拠。息苦しいかもしれませんが、徐々に鼻呼吸に慣れていきましょう。

また、睡眠時は呼吸を意識できないため、マスクを口部分に着用して、鼻呼吸を促すように心がけましょう。口呼吸は空気中の雑菌やほこりをそのまま肺へ吸い込んでしまいやすいので、日中もなかなか鼻呼吸になれない人は、睡眠時同様、マスクでサポートするのもおすすめです。

口の半開きは、目に見えるお肌のたるみや老化のほかにも、集中力や記憶力にも影響すると言われていますので、美容の観点みならず、しっかり改善していきたいですね。