抜いた眉毛が生えてこないのが悩み…原因はケア不足?


抜いた眉毛がなかなか生えてこない…眉毛ケアでふさふさに!

最近のトレンド眉は、ナチュラルに自眉毛を生かして整えるふんわりとした眉毛。やってみたくても眉毛がなかなか生えてこなくて悩んでいませんか?

そもそも眉毛が生えてこない原因は、毛抜きなどで抜きすぎたり、クレンジングが不十分でアイブロウマスカラやアイブロウペンシルなどの化粧品が落としきれず、毛穴に詰まることなどが挙げられます。

自眉でふんわりと!眉毛を生やすためにしておくべきこと


抜いた眉毛がなかなか生えてこない…眉毛ケアでふさふさに!

眉毛を生やすには、日常生活やメイクを少し心がけるだけでだいぶ変わってくると言われています。まず大切なのが眉毛の処理方法。眉毛をカミソリで剃ると、うっかり剃りたくないところまで剃ってしまったり、うまく形が整えられないからとつい簡単で手軽な毛抜きを使いたくなりますよね。

でも、毛抜きで眉毛を抜くと眉毛の毛根に大きなダメージが加わることで眉毛が生えにくくなってしまうのです。なるべく毛抜きは使わずに、顔用の小さめのカミソリや電気シェーバーを使って肌に負担をかけないように優しく処理をしていきましょう。カミソリや電気シェーバーで眉毛処理をしたら、低刺激の乳液やクリームなどで保湿ケアをしてくださいね。

そして、意外と忘れやすいのが眉毛のクレンジング。眉メイクに使うアイブロウマスカラやアイブロウペンシルなども水や皮脂に強くできているものがほとんどであるため、さっと軽くクレンジングするだけでは化粧品が完全に落ちていない可能性があるのです。そのため、コットンや綿棒にポイントリムーバーを含ませて毛流れに逆らうように滑らせながらしっかり落としてあげましょう。落ちにくいウォータープルーフマスカラや小鼻の脇に溜まりやすいファンデーションなどと同じようにしっかり丁寧に落としてくださいね。

また、まつげ美容液を眉毛に塗る方も多いようですが、なるべく眉毛専用の美容液でお手入れすることが大切です。眉毛についたメイク汚れがまつげ美容液に付着して、そのまままつげに塗ることになり、目に刺激を与えてしまうこともあるので、なるべく眉毛専用美容液を使うといいですね。

眉メイクも控えめにしてふんわり自眉毛を生やそう


毎日欠かせない眉メイクですが、かなり落ちにくいものを毎日使っていると毛根に負担をかけている場合が。近場にふらっと出かけるときやお休みの日は落ちにくいアイブロウマスカラやアイブロウペンシルを控えて、比較的落ちやすいアイブロウパウダーだけで眉メイクを済ませることで肌の負担を軽減できますよ!


 Profile

■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/