くせ毛や寝癖を抑えるドライヤー法〜準備編〜


朝の準備が超楽チンに!?くせ毛や寝癖を抑える就寝前のドライヤー法

くせ毛や寝癖は髪に残された水分が原因で起きてしまうので、ドライヤーで髪の毛を根元からしっかり乾かすようにしましょう。ただ「乾けば何でもいい」というわけでないので適切なドライヤー法についてマスターしておくことが大切です。まずはドライヤー前の準備編についてご紹介したいと思います。

【ドライヤー前の準備編】
シャンプー後はしっかり水気を切り、タオルドライをしましょう。頭皮から近い部分にある髪の毛はつまむようにして水分を取り除き、毛先はタオルで優しく包み込みポンポンと叩きながら拭き取ると髪を痛めることなくタオルドライできるそうです。ある程度水分が取れたら洗い流さないトリートメントを手ぐしやコームを使って髪に馴染ませてください。この際、頭皮にはつけないよう注意しましょう。

くせ毛や寝癖を抑えるドライヤー法〜実践編〜


朝の準備が超楽チンに!?くせ毛や寝癖を抑える就寝前のドライヤー法

皆さんは普段どのようにドライヤーで髪の毛を乾かしていますか?一般的には前の方から熱風をあて手ぐしで後ろに流すようにドライヤーで髪を乾かしている方が多いと思いますが、実はこのやり方だと髪の毛が傷みやすいだけでなく、なかなか乾きにくいというデメリットがあるそうです。髪にダメージを与えてしまうと、くせもつきやすくなるそうなので、注意が必要です。

【ドライヤー実践編】
濡れた髪の毛を乾かす際は顔を下に向け、髪を前に垂らすようにしてドライヤーの熱風を下から上向きにあてるようにしましょう。こうすることで髪のダメージを軽減し、乾かす時間もグッと短縮できると言われています。また、後頭部は髪の毛の密度が高く、乾きにくので後ろから前に風をあてると良いそうです。後ろからドライヤーをあてることでハネや広がりが抑えられ、髪の毛がまとまりやすくなります。仕上げは冷風をあて、髪を形状記憶していくようにしましょう。

いかがでしたか?起床後のくせ毛や寝癖を抑えるドライヤー法をテーマにお届け致しました!また、寝る時にナイトキャップなどのアイテムを使うと癖ができづらくなり、ヘアセットの時間も短縮できるそうです。気持ちの良い朝を毎日迎えるためにも是非参考にしてみてくださいね。