ニキビ跡が残ってしまう理由とケアに適した時期


気になる赤いニキビ跡を改善!自宅でできる赤ニキビのセルフケア

そもそもニキビ跡はなぜ残ってしまうのでしょうか。皮膚はいくつかの層で成り立っています。その皮膚の層の最下部である真皮という部分にまで炎症が及んでしまうとニキビ跡になってしまうそうです。そのため、この炎症を抑えることでニキビ跡の改善を期待することができます。ちなみに、ニキビ跡でも赤ニキビはできてから時間があまり経っていないためしっかりとケアをすることで改善を期待することができます。ニキビ跡を綺麗に治すためにはニキビができてすぐにケアを行うことが大切です。早期にケアをして、綺麗にニキビが治せるようにしましょう!

ニキビ跡はこうケアする!誰でもできるケアとポイント


気になる赤いニキビ跡を改善!自宅でできる赤ニキビのセルフケア

それでは、今日からできるニキビ跡改善のケア方法についてご紹介します。

【ニキビ跡の改善ケア】
<たっぷりと保湿をする>
ニキビ跡を改善するのに最も重要なのは、保湿です。たっぷり保湿することで肌のターンオーバーの周期を正しく整えてくれます。ターンオーバーが適切な周期で行われることによって、肌の回復力が保たれ、肌の調子が改善されていきます。

<ビタミンCを補給する>
ビタミンCには抗炎症作用があり、炎症を和らげる効果が期待できます。過剰な皮脂を抑える働きがあり、今できているニキビの悪化を防ぎ、またニキビを予防する効果も期待ができます。

<化粧水や保湿液の見直し>
今使っている基礎化粧品の見直しもしてみましょう。ノンコメドジェニックの製品は、直接的に肌の調子を整える効果があるわけではないのですが、ニキビの素であるアクネ菌の栄養源になる成分が含まれていない分、ニキビができにくくなるため、おすすめです。

長期間にわたってニキビが治らない方は皮膚科へ


気になる赤いニキビ跡を改善!自宅でできる赤ニキビのセルフケア

ニキビは初期の段階で素早く対処することが大切です。ニキビが長引いてしまうと、メラニン生成が行われ、赤ニキビから茶色いニキビ跡に変わります。茶色いニキビ跡は色素沈着されている状態で、放っておくとシミになり、完治が難しくなります。なかなか治らない場合は、皮膚科への受診をおすすめします。また、ニキビ跡の中でもセルフケアが難しいとされている、肌に凹凸が残るタイプのクレータータイプのニキビ跡も同様です。ニキビ跡を改善するためのセルフケアもしつつ、皮膚科や美容外科へ行き、相談してみましょう。