累計2100万部の人気漫画を実写化する映画『東京喰種 トーキョーグール』のロゴと、窪田正孝が演じる主人公・金木研(かねき・けん/カネキ)のイメージビジュアルが13日、初めて公開された。


カネキは、ある事件がきっかけで、人の姿をしながらも人を喰らう怪人「喰種(グール)」と人間のハイブリッド「半喰種」となってしまう大学生。公開されたビジュアルでは、東京の街を舞台に、喰種の象徴であるマスクをまとい、強大な敵に立ち向かおうとするカネキの決意の表情が表現されている。


劇中に登場するマスクや衣装を担当するのは、レディ・ガガやKISSなどのステージ衣装を手がけ、パリコレでも活躍する世界的デザイナー「CHRISTIAN DADA」の森川マサノリ氏。監督の萩原健太郎氏とともに、原作のイメージから膨らませ、微妙な立体感など細部までこだわり抜いた映画オリジナルのデザインに仕上げた。


また、12月17日と18日に開催される「ジャンプフェスタ2017」では、窪田が撮影中に着用したマスク展示やスペシャル映像の上映が行われる。


<ストーリー>
人の姿をしながらも人を喰らう怪人【喰種(グール)】。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事故に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の少女・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつもカネキを助ける存在となっていく。喰種たちのことを深く知ることで、カネキは大切な仲間や友人とどう向き合うか葛藤する。そんな中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官・CCGとの熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった…。


原作:石田スイ「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
出演:窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 大泉洋
監督:萩原健太郎
脚本:楠野一郎
配給:松竹


実写映画『東京喰種 トーキョーグール』窪田正孝演じるカネキのキャラクタービジュアル


カネキマスクのデザイン画


(c)2017「東京喰種」製作委員会