新型コロナウイルスの退散を願う“アマビエシール”が、ビックリマンシールのデザイン企画などを手がけるグリーンハウスの米澤稔氏の手によって誕生した。


“アマビエシール”は、緑の髪や横向きの顔がどこか凛々しい「アマビエさま」とピンクの髪で可愛らしさのある「アマビエちゃん」の2種。ビックリマンではレアだったプリズムシールとなっており、「疫病退散(ウイルスたいさん)」の文字とともに神々しい見た目となっている。裏書も手にしての「お楽しみ」としている。


この「アマビエさま」と「アマビエちゃん」は、米澤氏の「コロナウイルス退散祈願をこめて、私なりの『アマビエ』キャラを作りました!みんなで打ち勝ちましょう!」というTwitter投稿がきっかけで誕生。商品化を希望する声に応え、障害者や高齢者のバリアフリー化を普及する広洋産業が協力して実現した。


販売は、広洋産業のオンラインショップ「ラビッティSHOP」で4月27日から開始。「アマビエさま」「アマビエちゃん」がペアになった「チャリティーシール・Aセット」が税込1980円となっている。このほか、シール5枚の「Bセット」税込4950円、シール10枚の「Cセット」税込9900円もある。Aセットは「潤沢に数量を確保」、BセットとCセットは数量限定だが販売状況や要望によっては再販売を検討するとのこと。発送は、「5月中旬頃、完成次第順次」としている。


広洋産業は、「『アマビエさま』シールが、新型コロナウイルスの退散を願うみなさんの明るい話題となり、寄付によって、より多くの方々の助けとなる事を願っております」とコメント。今回の販売で得られた利益は、諸経費を除くほぼ全額を子供向けの活動をしている団体へ寄付するとしている。