アニメーション監督のヤマカンこと山本寛氏が、オリジナル新作アニメーションプロジェクト「魔法少女たち(仮)」を発表し、パイロットフィルムを作るための資金募集を開始した。


かつて京都アニメーションに在籍していた山本氏は、放火事件を受けて湧き上がる怒りで打ち震えたという。そして、「もうこれ以上アニメを蹂躙されたくない。アニメをここまで弄ぶ、邪悪な『狂気』の蔓延を赦す訳にはいかない。僕は失った仲間から、そんな想いを託されたような気がしました」と述懐。山本氏は、新作アニメーション制作を「これは弔い合戦です」と位置づけ、「僕はアニメを変えます。これ以上、ひとりの犠牲者も出さない」「本当にアニメを愛する人々のために、アニメを提供する」との決意を表明した。


新作アニメーションプロジェクトの名称は「魔法少女たち(仮)」。狂暴なダークファンタジーとのことで、羽が生えた制服の少女が、燃え盛る炎の中で赤い目を輝かせるビジュアルが公開された。「魔法少女たち(仮)」は、劇場公開を目指す予定だが、クラウドファンディングではそれに先駆けたPV制作の支援資金を募集している。