品薄状態が続いている任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」の購入者をTwitter上で募り、金銭が支払われても商品を送らないという詐欺行為への被害報告が相次いでいる。


Twitterで報告されている手口は、「Nintendo Switch」を2万円や3万円といった低価格で販売するというツイートで購入希望者を募るというもの。そのアカウントをフォローするとDM(ダイレクトメッセージ)で、Amazonギフト券などを購入してそのコードを写真で送るよう指示がある。しかし、写真を送っても入力エラー等でコードが使えないと言われ、取引はなかったことにされてしまう。コードを送ったギフト券は既に使用済になっている。


11ヶ月貯めた小遣いをだまし取られたという学生は、「誰か助けてください。だめだホントに逃げられた、Switch売ってくれるって言って簡単に乗ってしまった。死にたい、どうしよう」と悲痛な声を上げ、他にも「詐欺られたかもです。誰か助けてください」といった報告がTwitterには寄せられている。


こうした報告には、同情や加害者への怒りのほか、騙される方が悪いという声など、賛否の意見が殺到。また、「RTした人にSwitchあげます系詐欺だからまじでRTしない方がいい そもそも売った方が金になるのにわざわざ無料で他人にあげる行為に裏がない訳が無い」など、注意を呼びかける声も広がっている。