マクドナルドの閉店を受け、近隣のバーガーキングが掲出したポスターに、縦読みのメッセージが隠されていると話題になっている。バーガーキングの広報担当に話を聞いた。


1月31日に閉店するマクドナルド秋葉原昭和通り店では、「22年間のご愛顧ありがとうございました。」というポスターで、利用客への感謝を伝えている。これを受けて近隣のバーガーキング秋葉原昭和通り店も、「22年間のたくさんのハッピーをありがとう。」というポスターを掲出。長年戦ってきたライバルを称え別れを惜しむ内容だが、改行が不自然な文章となっている。本文6行の頭文字を縦に読むと、「私」「た」「ち」「の」「勝」「チ」という言葉が出来上がる。バーガキングのポスターの全文は以下のとおり。


<バーガーキングのポスター>

22年間のたくさんのハッピーをありがとう。

私たちの2軒隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。
たがいに良きライバルとして、アキバを愛する仲間として
ちかくにいたからこそ、私たちもお頑張ることができました。マクドナルドさん
のいないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。どうかみなさん、
勝手なお願いですが、今日は彼のところに行ってください。ずっと背中を追い続けた
チャレンジャーの私たちから、スマイルを込めて。お疲れさまでした。


このバーガーキングのポスターは、Twitterに投稿され拡散。「バーキンの方縦読みしてゾッとしちゃった」「これはいろんな意味でバーガーキングの勝ちだわw」「マックをメタクソ挑発するバーキンだけど、常にリスペクトも忘れてない」「こういう遊び心のある広告は珍しくない」と様々が声が寄せられている。


バーガーキングに話を聞いたところ、両店舗の関係性については「これまでたがいに切磋琢磨してきたライバル」だと認識。このため、「私たちの勝ち」という言葉に「敬意を込めてエールを送らせていただきました」と説明した。また、賛否の声が寄せられていることについては、「ポスターを見て、何を感じられるか、どのようなご意見をもたれるかは、お客様次第だと考えております。また、お客様がご自身の意見をどのような方法で他人に伝えられるか、あるいは世の中に発信されるかも、お客様次第」だとコメントした。このポスターは、マクドナルド秋葉原昭和通り店が閉店となる31日いっぱい掲示される。


私たちの勝ち


私たちの勝ち