カー用品専門店を展開するイエローハットは17日、「猫の日」である2月22日を前に、猫の安全を守ることを目的とした「全国交通にゃん全運動」キャンペーンを開始。京大監修の猫参加システムを採用した「交通にゃん全クイズ」を公開した。


「交通にゃん全クイズ」は、随所に猫が参加したくなる仕掛けを盛り込んだクイズ。猫が聴覚的に興味を持つ「子猫の鳴き声」や、視覚的に興味を持つ、ねずみやねこじゃらし等の「猫の狩猟本能を活かした画面の動き」、猫自身問題を解くことができる「肉球タッチ方式」を採用している。設問には、動くイラストを用いるなどしているため、実証実験での猫の正解率は、あくまでスタッフ感覚値だが「約85%」としている。


今回開発した「交通にゃん全クイズ」は、2月19日21時の「金曜ロードショ ー」内のCM枠で、交通にゃん全番組「金曜ドーロショー」として1回のみ放映する。イエローハットによると、この番組は、猫と一緒に視聴できるよう、猫の視覚や聴覚に合わせて制作。「是非、猫と一緒にご覧いただければ」としている。


「全国交通にゃん全運動」キャンペーンは、年間で推計34万頭以上にも及ぶ猫の交通事故を減らすことを目的としたもの。猫好きや飼い主と一緒に、猫自身にも交通安全についてレクチャーする猫参加型の交通安全クイズ「交通にゃん全クイズ」を京都大学の動物心理学研究チ ーム「CAMP-NYAN」と協力し開発した。猫カフェでの実証実験を経て公開したという。