ストレッチ専門店「Dr.ストレッチ」を都内で複数展開している、つながり社が求人サイトに掲載した採用募集に批判が殺到している。つながり社や「Dr.ストレッチ」の運営元であるフュービック社は、「本人になりすました悪質な乗っ取り行為」により書かれたものと説明している。


求人サイト上のつながり社のページには、「仕事舐めてる若者が多すぎます」から始まる執行役員のインタビューが掲載されていた。有給休暇を望む若者へは、「有給消化なんて周りのこと考えたら使えないはずです。稼いでから言えって話」とコメント。残業については、「残業したくないとか勉強不足。残業代なんて出すわけがありません」とした。さらに、「新型コロナだって体調管理ができてない証拠。あんなもの気持ちいれて働いてたらかからない。当たり前のことができない人は必要ありません」と断じている。


このメッセージはTwitterで「ここ数年で最も破壊力ある求人広告」と紹介され批判が殺到。「法定休日がないとか意味がわかりません。土日も休ませないとか世間を舐めてますね」「従業員に対して不誠実な会社が、お客さんに対してだけ誠実であるはずがない」「コロナは気合いでかからないは凄い」といった声が寄せられている。


騒動を受けて、つながり社の社長はTwitterでコメントを発信。「弊社スタッフが書いたものではございません。本人になりすました悪質な乗っ取り行為です。刑事告訴も視野に入れて動いていきます」と同社によるものではないと否定した。同社の執行役員も「私に成りすまして悪質な投稿により、お騒がせしてしまい大変申し訳ありません。事実究明に努めてまいります」とコメント。また、「Dr.ストレッチ」の運営元であるフュービック社の社長も「本人投稿ではない事が確認取れています。本人になりすました悪質な投稿です明日弁護士通じて法的に追跡して対応していきます」と説明している。