新型コロナウイルスで「落ち込む経済を回せ」——全職員に臨時ボーナスを支給した病院の計らいがSNSで注目を集めている。


臨時ボーナスを支給したのは、三重県にある個人病院。看護師の“ともき”さんによると、同系列の福祉施設や病院を含む全職員に1人10万円ずつ、総額で4000万円弱もの支給になったという。病院の理事長は、新型コロナウイルスにより世界中で経済が落ち、大不況が訪れる可能性が高いとして、「経済を回せ」と通達。4月30日までに全額使い切ること、レシートか領収書を提出すること、金券や株、ローン、家賃等には使用不可というルールが設定されているという。


思いもよらないボーナスを支給された職員からは「家電や大きな買い物に使う」といった声があったとのこと。また、使用期限があるため、なかなか決められない人もいるという。“ともき”さんは、車などの趣味に使うか美味しものを食べに行き「使い切ります!」としている。


「経済を回せ」と10万円ものボーナスを支給した病院理事長の計らいに、Twitterでは称賛の声が殺到。「かっこよすぎます」「4月末までって期限が素晴らしい。経済回る」「目先の利益だけじゃなく世界の利益、そしてそれが巡りに巡って自身の利益になるよう動けるのって賢いな」といった声が寄せられている。


全職員に10万の臨時ボーナス