猛暑の影響でスポーツ飲料「アクエリアス」が出荷停止になったとの情報がネット上で拡散している。発売元の日本コカ・コーラに確認したところ、「アクエリアスは出荷停止ではない」と、この情報を否定した。


埼玉・熊谷で国内最高気温となる41.1度を観測し、東京・青梅でも40度を突破するなど記録的な猛暑が続いている。熱中症対策としてスポーツ飲料の需要が高まる中、小売業で働いているというTwitterユーザーは、「アクエリアス出荷停止だってよ。生産が追いつかなくて出荷制限のお知らせが一昨日だったけど早いなー」と投稿。4000回以上リツイートされこの情報は拡散している。また、別のユーザーも「緊急事態 アクエリアス工場出荷停止(需要が多すぎるのと広島工場被災)の為棚から消えています」、「現在アクエリアスも完全出荷停止状態になってる」と同様の内容を投稿している。


情報の真偽について23日に日本コカ・コーラに確認したところ、「アクエリアスは出荷停止ではない」との回答。ネットの噂に関しては、7月20日から北海道と沖縄を除いて販売を休止している「『アクエリアス冷凍PET』と勘違いしたのではないか」とのことだった。また、自動販売機などでは、「入れた途端に売れるという状況で、売り切れが目立つのではないか」とのことだった。