顔文字をパッケージに採用した卵がTwitterに投稿され、「確実にかごに入れる」と反響を呼んでいる。販売元に話を聞いた。


「(・∀・)たまご」や「(´・ω・`)たまご」は、鹿児島県内のマックスバリュ7店舗で販売されている卵。ラベルには、「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」で生まれたとされる顔文字「(・∀・)イイ!!」「(´・ω・`)ショボーン」を大胆にレイアウトし、平仮名の「たまご」と組み合わせている。シンプルでありながら、「2ちゃんねる」世代は懐かしさから思わず手に取ってしまうデザインとなっている。


この“顔文字パッケージ”の卵は、Twitterユーザーの“そーき”さんが「衝動買いしてしまった」「こんなパッケージ初めて見たわ」と投稿したことで瞬く間に拡散。「担当者が生粋のにちゃんねらーなんじゃないですか?この顔文字はわりと初期〜中期の頃、『(・∀・)イイ!!』って使われる事が多かったやつです。つまり、『良い卵』だと言いたいんです」「そこはたまごと書かずタマーゴと書くべきだった(5ちゃんねる脳)」「鹿児島県民ですけどこんなパッケージ見たことないですかわいいですw」といったコメントなども寄せられ、大きな反響となっている。


販売元によると、ラベルに記されている松原養鶏場GPセンターは卵を提供している生産者。“顔文字パッケージ”は別の養鶏場が作成したものと説明した。デザインは「(・∀・)たまご」と「(´・ω・`)たまご」の2種類で、「鳥の顔に見えるようなもの」をデザインに起こしたという。このパッケージ入りの卵は、2年前に1店舗で販売開始したところ、他の店舗も取り扱いたいとの声があったため、7月4日に販売店舗を拡大したばかり。販売しているのは、鹿児島県内のマックスバリュの上荒田店、オプシアミスミ店、武岡店など7店舗で、1日150パックから300パックが店頭に並んでいるという。


懐かしの顔文字「(・∀・)たまご」


懐かしの顔文字「(・∀・)たまご」


懐かしの顔文字「(・∀・)たまご」