オークションサイト「ヤフオク!」は、5月22日から当面の間、消毒や除菌に用いる商品の出品を禁止する。


新型コロナウイルスの影響で品薄状態となっている消毒液について、政府が転売禁止の対象とする方針を固めている。これを受けてヤフオク!は18日、出品に関するルール変更を掲載。手指消毒剤(液体状、シート状、ジェル状など形状を問わない)、除菌シート・スプレー類、高濃度エタノール製品は、5月22日から出品を禁止するとした。


ヤフオク!は、これまでも「個人間取引が及ぼす社会的影響を鑑み品薄商品への対策」を強化している。5月4日のルール変更では、競り形式での出品を禁止。定額での出品のみとするなどしていた。5月22日までは、このルールが適用される。


また、39県での緊急事態宣言の解除を受け、体温計についても需要の更なる増加で品薄となることが懸念され対策を強化。5月29日から当面の間、定額での出品のみとし、競り形式での出品を禁止するとしている。