ビックカメラ水戸駅店が実施した「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」の抽選販売に不正があったのではないかとの指摘が、Twitterに投稿され物議を醸している。なぜこのようなことが起こったのか、ビックカメラに話を聞いた。


ビックカメラ水戸駅店では、7月21日の9時から10時までリストバンド型の抽選券を先頭の1番から順に店頭で配布した。しかし、友人と二人で並んでいた人が手渡されたのは179番と181番。連続でもらったにも関わらず180番が抜けていたため、「なんで連続で券もらってんのに番号飛んでんだろ。180番当たってら絶対抜かれてる」と話していたという。そして、11時に行われた当選者発表では、もらえなかった180番が当選番号になっていた。


ビックカメラ本社にこの件について確認したところ、今回の抽選販売台数は10点。そのうち9点は当選者に引き渡され、180番は配布されなかっため1点残っているという。なぜこのようなことが起こったのかについては、「不手際により一部の番号が欠落しており、その後の抽選により欠落した番号が当選番号として抽選された」「偶然欠落した180番が偶然当選した」と説明、意図的な抜き取りを否定した。


ビックカメラ水戸駅店は、今回の件でお詫びの文書を公表し、「大変なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳御座いません」と謝罪。残った商品1点は、7月22日9時から10時受付、11時発表の抽選で改めて販売するとしている。