モリサワは28日、2017年秋から提供を開始する新書体を発表した。


モリサワは近年、定番として利用できる書体のほか、多彩な表現につながる装飾性の高い書体や日本語以外の書体を強化。今年は、人気書体のA1明朝の特徴を継承しつつやわらかな表情をもつ「A1ゴシック」をはじめ、98の言語と海外の表記ルールに対応する「Citrine(シトリン)」、縦組みの際に言葉によって文字の形が変化する機能をもった「みちくさ」、歴史的な書物の字形を復刻した「きざはし金陵」、活版印刷のインクのにじみを再現した「秀英にじみ明朝」、大胆な筆使いが特徴の見出し用書体「黒曜」を提供する。


これらの新書体は2017年秋から、「MORISAWA PASSPORT製品」「MORISAWA Font Select Pack製品」「クラウドフォントサービス TypeSquare」を通して利用することができる。