日清食品は、“謎肉”として親しまれているカップヌードルの「味付豚ミンチ(ダイスミンチ)」を使った「謎肉丼」とルービックキューブ「謎肉キューブ」を、7月29日の“謎肉の日”から発売する。


「謎肉丼」は、カップヌードルのスープで煮込んだ“謎肉”を、ごはんが見えないぐらいたっぷりとのせた丼ぶり。カップヌードル公式Twitterのネタとして投稿したが、話題となったことから実際にメニュー化した。試食した日清食品の社員が、「ただ“謎肉”をごはんにのせただけなのに、なぜこんなにうまいのか」と、驚くほどの完成度に仕上がっているという。「謎肉丼」は、横浜市のカップヌードルミュージアム内「NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-」で、7月29日から8月31日まで1日29食限定で販売。価格は税込300円となる。


「謎肉(なぞにっく)キューブ」は、微妙に異なる“謎肉”の絵柄合わせるルービックキューブ。“謎肉”の絵柄は、「風の謎肉」「土の謎肉」「火の謎肉」「水の謎肉」「光の謎肉」「闇の謎肉」の全6種。各属性でほとんど違いはなく、表面のテカリや凹凸といったわずかな差を見分けなければならないため、謎肉愛が試される難易度の高いルービックキューブとなっている。「謎肉キューブ」は、「謎肉キューブ」は、日清食品のオンラインストアで7月27日から予約販売を開始。価格は税込3888円となる。


「謎肉丼」と「謎肉キューブ」


「謎肉丼」と「謎肉キューブ」


「謎肉丼」と「謎肉キューブ」