世界最高峰のスタッフが集結!現代ティーンのリアルな悩み・葛藤を描いた感涙必至の青春ミュージカル映画『ディア・エヴァン・ハンセン』が、2021年11月26日(金)より全国公開中です。

たった一つのウソが大きな波紋を呼ぶ

 第71回トニー賞6部門をはじめ、第60回グラミー賞や第45回エミー賞を受賞したブロードウェイ・ミュージカルを映画化したのが『ディア・エヴァン・ハンセン』。社交不安を抱えた孤独な高校生の、同級生の死をきっかけに咄嗟についてしまった“嘘”が周囲の人々の心を動かし、やがて彼自身も変化していく……というミュージカル劇です。

 第34回東京国際映画祭のクロージング作品となり、『ラ・ラ・ランド』(2016年)や『グレイテスト・ショーマン』(2017年)の製作陣が集結したことでも話題の本作。監督を務めるのは、『ウォールフラワー』(2012年)などティーンの心の機微を的確に描いてきたスティーヴン・チョボスキー。ミュージカル版でも主役を務めたベン・プラットが主人公エヴァンを再演。また、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(2019年)や『アンビリーバブル たった1つの真実』(2019年)で見せた幅広い演技で注目を浴びる若手女優ケイトリン・デヴァーが見事な歌声を聴かせ、さらにジュリアン・ムーアやエイミー・アダムスといった豪華俳優陣が脇を固めます。

 劇中、孤独なエヴァンがセラピーの一環で綴った“自分への手紙”を同級生のコナーに奪われるのですが、コナーはその後、自ら命を絶ってしまいます。この手紙のせいでコナーの親友だと勘違いされたエヴァンは、彼の家族を悲しませないために「コナーは孤独ではなかった」という嘘をついてしまうのですが、その嘘が生んだ“悲劇の中の感動の物語”はSNSを通して拡散され、コニーの家族や同級生たち、そしてエヴァン自身にも大きな変化をもたらしていきます。

ハーレーダビッドソン「FLSTNソフテイルデラックス(2018)」

 ちなみに、コナーの義父ラリーを演じるダニー・ピノは、バイカー・ギャングたちの抗争を描く大ヒットドラマ『サンズ・オブ・アナーキー』(2008〜2014年)のスピンオフ作品『マヤンズ M.C. 〜サンズ・オブ・アナーキー外伝〜』(2018年)に出演。本作には主人公が乗る「FLSTNソフテイルデラックス」や「FXDWGワイドグライド」、「FLHXSストリートグライドスペシャル」、「ロードグライド」などなど、ハーレーダビッドソンの名車が多数登場するのでバイカー必見です。

 主人公を演じた現在28歳のプラットは舞台でのキャリアを中心としながら、出演映画/ドラマでも賞レースの候補になるなど、いま最も期待される若手俳優の一人。プラットが歌う本作の楽曲=「エヴァンの“心の叫び”」は、彼の歌声とすさまじい歌唱力によって観る者の心に突き刺さり、感動の涙を誘うはずです。

『ディア・エヴァン・ハンセン』(c)2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

 ネット時代を生きる現代ティーンのリアルな悩み、家族や周囲の人々の葛藤を描いた青春ミュージカルとして、あらゆる世代におすすめしたい『ディア・エヴァン・ハンセン』は2021年11月26日(金)より全国公開中です。