恐ろしいルックスとユーモラスなキャラクターで大ヒットを記録したあいつが、怖ろしい宿敵と共にスクリーンに戻ってきた。アメコミ映画『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』が、2021年12月3日(金)より全国ロードショーされます。

大人気悪役ヒーローの帰還!

 2018年に大ヒットを記録したアメコミ映画『ヴェノム』が、恐るべき宿敵と共に帰ってきました。お馴染みマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは異なる世界軸で進行するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の最新作『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』です。

 本作の主人公は、もちろん地球外寄生生物ヴェノムと、その宿主であるエディ・ブロック(トム・ハーディ)。おどろおどろしいルックスのヴェノムながら、宿主エディとの凸凹バディ・ムービーのような関係性のおかげで、前作では「かわいい」という意外なリアクションが多かったことでも話題になりました。しかし今回は『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』というタイトルどおり、ヴェノムの宿敵であり血を好む凶悪な寄生生物カーネイジが登場します。

前作ではチェイスシーンなどでドゥカティ「スクランブラー」が登場

 エディの血液を取り込むことで宿主となるのは、死刑直前の連続殺人鬼クレタス。殺人鬼の狂気によって“大殺戮(カーネイジ)”を求める凶悪な存在となった分身カーネイジと、ヴェノム&エディとの激しいバトルが展開します。なお前作ではチェイスシーンなどでドゥカティ「スクランブラー」が印象的に使用されましたが、今回はカーネイジの登場を示唆するためか、真紅の「パニガーレV4S」が登場。ドゥカティ好きは必見です。

『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』(c)2021 CTMG. (c) & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

 ヴェノムもカーネイジも「スパイダーマン」のコミックで登場したキャラクターですが、同シリーズではまだスパイダーマンを意識した描写はほとんどありません。今後シリーズがどのように展開していくのか、ますます気になる『ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は2021年12月3日(金)より全国ロードショーです。