大海原を漂う大学生の男女5人、携帯は圏外、身を寄せられるのは壊れた1台の水上バイク。そして、現れる凶暴なホホジロザメ……。海を舞台にしたサバイバルスリラー『海上48hours 悪夢のバカンス』が、2022年7月22日(金)より全国ロードショーされます。

気がつけば、そこはサメ地獄

 気分が高揚し、つい羽目を外したくなる夏。多くの若者がレジャーに繰り出すこの季節は、古くからホラー映画やスリラー映画の題材になってきました。海を舞台にしたサバイバルスリラー『海上48hours 悪夢のバカンス』は、夏休み前の大型休暇<スプリングブレイク>を楽しんでいた若者たちが遭遇する悪夢を描いた注目作です。

『海上48hours 悪夢のバカンス』(c)Vitality Jetski Limited 2021
『海上48hours 悪夢のバカンス』(c)Vitality Jetski Limited 2021

 スマッシュヒットを記録した『海底47m』(2017年)や『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2020年)の製作陣が、新たな海の恐怖を描く本作。大学生たちが水上バイクで衝突事故を起こしてしまい、救助が期待できない遥か沖を漂うことになってしまいます。それだけでも絶望的なのに、彼女/彼らを待っていたのは、回避不可能な危機的状況の数々。さらに追い打ちをかけるように、凶暴なホホジロザメが現れ……。

『海上48hours 悪夢のバカンス』(c)Vitality Jetski Limited 2021
『海上48hours 悪夢のバカンス』(c)Vitality Jetski Limited 2021

 スプリングブレイクは、アメリカの大学生が最も羽目を外す春休みとして知られています。本作の主人公たち男女5人も、メキシコのビーチでテキーラを浴びるように飲んで馬鹿騒ぎをし、あげくの果てに桟橋に停められていた2台の水上バイクを盗み出して沖へ出ます。やがてチキンレースに発展すると、案の定バイクは正面衝突。1台は大破し、もう1台はエンジントラブルで身動きが取れなくなってしまいます。しかも仲間のひとりが足に大けがを負い、助けを呼ぼうにも携帯の電波は届かない。そんな中、浮気騒動までも発覚し……。大海原でドタバタしている愚かな若者たちは、獰猛なサメにとって活きの良いランチでしかありません。

 近年、粗製乱造されているサメ映画ですが、本作はそのカテゴリに収まるようなシロモノではありません。サメへの恐怖心を煽る凝ったディティールは、「もし自分が海でサメに遭遇したらどうする?」と感情移入させ、同情の余地のないはずの若者たちの物語に没入させられます。

『海上48hours 悪夢のバカンス』(c)Vitality Jetski Limited 2021
『海上48hours 悪夢のバカンス』(c)Vitality Jetski Limited 2021

 盗まれる水上バイクとして、ヤマハのV1スポーツも登場する本作。気のおけない仲間たちと過ごす最高のバカンスが、あっという間に悪夢と化す展開に背筋が凍る『海上48hours 悪夢のバカンス』は、2022年7月22日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショーです。