事実をベースに生き馬の目を抜く苛烈な韓国の大統領選を描いた最新ポリティカル・サスペンス『キングメーカー 大統領を作った男』が、2022年8月12日(金)より全国順次公開中です。

韓国大統領選の光と影

 韓国の苛烈な大統領選を描く『キングメーカー 大統領を作った男』は、日本とも縁の深い第15代韓国大統領、金大中(キム・デジュン)と彼の選挙参謀だった厳昌録(オム・チャンノク)の実話を基に、生き馬の目を抜く苛烈な選挙戦の裏側を赤裸々に描くポリティカルサスペンスです。

『キングメーカー 大統領を作った男』(c)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
『キングメーカー 大統領を作った男』(c)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 最高権力の座を目指す政治家同士が激突し、負ければ汚職など不正行為を問われて刑務所入りになることもある韓国の大統領選挙。光の当たる表の存在として民衆の希望となる国会議員キム・ウンボムを演じるのは、今年の富川国際ファンタスティック映画祭で特集上映が組まれた名優ソル・ギョング。本作では、実際の政治家の演説シーンを参考にしながらも自身ならではのキャラクターを模索し、2年連続で百想芸術大賞の最優秀男性演技賞を受賞しました。

 一方、同じ理想を追いかけながらも、ウンボムの影となり力を尽くすソ・チャンデに扮するのは『パラサイト 半地下の家族』(2019年)のイ・ソンギュン。アカデミー賞を総なめした『パラサイト』以降、スクリーン復帰作として本作を選んだイ・ソンギュンは、誰よりもお互いを必要としながらも決定的なところで混じり合わない2人の複雑な関係を熱演しています。

韓国のDAELIM「シティ」
韓国のDAELIM「シティ」

 近年ますます存在感を高めているソル・ギョング。池内博之らと共演したNetflix作品『夜叉 −容赦なき工作戦−』(2022年)にはヤマハのYZF-R6やキャビンが、元連続殺人鬼を演じた『殺人者の記憶法』(2017年)にはDAELIMのシティエース110がチラリと登場します。『キングメーカー』にも市中を走る懐かしいバイクが映っているかも?

『キングメーカー 大統領を作った男』(c)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
『キングメーカー 大統領を作った男』(c)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

“光と影”を体現した2人の男たちのドラマが韓国政界の深すぎる闇を暴き出す最新ポリティカル・サスペンス『キングメーカー 大統領を作った男』は、2022年8月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開中です。