たまたまその場に居合わせた一人の青年の思い出から、インド滞在期のザ・ビートルズの素顔と、その楽曲制作のプロセスを紐解くファン垂涎のドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』が、2022年9月23日(金・祝)より全国順次ロードショーされます。

ここでしか見られないビートルズ

 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は、1968年リリースの10thアルバム、通称「ホワイト・アルバム」の誕生に思いがけず遭遇した監督による、ビートルズとインドをめぐるミステリーツアーです。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(c) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved
『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(c) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

 1968年、23歳のポール・サルツマンは、失恋の傷を癒しに北インドのガンジス川のほとりにあるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーのアシュラム(僧院)の門を叩きます。そこで偶然出逢ったのは世界的ロックバンド、ザ・ビートルズのジョン、ポール、ジョージ、リンゴの4人。彼はそこで瞑想を学びながら、ビートルズと共に過ごした奇跡のような8日間を多くの写真に残しました。

 1962年のデビュー以来、誰もが認めるロック史上最高のバンドとして、半世紀以上経った今でも、音楽の枠を超えて様々な文化的影響を世界中に与え続けているザ・ビートルズ。インド音楽や東洋思想に影響を受け、やがて超越瞑想運動の創始者マハリシに招かれて訪れたインドでは、代表作にして最高傑作と謳われるアルバム「ザ・ビートルズ」(通称「ホワイト・アルバム」)の楽曲の多くが生まれたとされています。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(c) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved
『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(c) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

 本作ではサルツマン監督が記録した貴重な写真の数々、当時の彼らのパートナーの女性たち、ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴやドノヴァン、俳優のミア・ファローの姿もとらえながら、ベールに包まれていたインド滞在期のビートルズの素顔と、その楽曲制作のプロセスが紐解かれていきます。しかもデヴィッド・リンチが製作総指揮&出演し、モーガン・フリーマンがナレーションを務めるという豪華さです。

ホンダのXL125
ホンダのXL125

 さて、ビートルズにはバイクのイメージはあまりないかもしれませんが、ポールはホンダのXL125、ジョンはモンキーが愛車だったことが多くの記録写真から伺い知れます。特にジョンは息子ジュリアンと共にホンダ車のCMに出演していますし、当時からホンダ贔屓だったのかも? ちなみにリンゴは、ハーレーダビッドソンのツーリングファミリー派だったようです。

『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(c) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved
『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』(c) B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved

 デビュー60周年を経て、ここでしか見られないビートルズの新たな素顔が垣間見えるファン垂涎のドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は、2022年9月23日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショーです。