天才シェフのふるまう極上のフルコースに仕込まれたサプライズに心拍数も急上昇。この秋一番の“度肝を抜かれる”サスペンス映画『ザ・メニュー』が、2022年11月18日(金)より全国ロードショーされます。

完璧なフルコースにサプライズを添えて

 孤島の高級レストランを舞台に、天才シェフのふるまう極上のフルコース料理に仕込まれた驚愕のサプライズとは? この秋一番の“度肝を抜かれる”サスペンス映画として話題を呼んでいるのが『ザ・メニュー』です。

『ザ・メニュー』(c)2022 20th Century Studios. All rights reserved.
『ザ・メニュー』(c)2022 20th Century Studios. All rights reserved.

 世界で最も予約の取れないレストラン「ホーソン」。全てを美食のために捧げるこのレストランのチケットを獲得したのは、著名料理評論家、人気映画俳優、エンジェル投資家など、選び抜かれたゲストたち。天才的なセンスとカリスマ性に満ちた伝説のシェフが振る舞うのは、芸術的なまでに美しく、完璧なコース料理の数々。しかし、そこには想像もできない“サプライズ”と、思いもよらない結末が添えられていて……。

『ザ・メニュー』(c)2022 20th Century Studios. All rights reserved.
『ザ・メニュー』(c)2022 20th Century Studios. All rights reserved.

 ボーイフレンドと共にレストランを訪れる主人公マーゴを演じるのは、ドラマ『クイーンズ・ギャンビット』や『ラストナイト・イン・ソーホー』などで圧倒的な存在感を示したアニャ・テイラー=ジョイ。伝説のシェフ、スローヴィクを演じるのは、名優レイフ・ファインズです。さらにニコラス・ホルトやジョン・レグイザモなど、一癖も二癖もある実力派俳優が集結しました。

 監督を務めるのは、本年度エミー賞で最多25ノミネートの『メディア王〜華麗なる一族〜』の演出でハリウッド中の注目を集める俊才マーク・マイロッド。目に麗しく、食欲をそそるコース料理に張り巡らされたサプライズの数々……。五感を刺激する、全く先の読めない心拍数上がりっぱなしの“命がけのディナー”から目が離せません。

ドゥカティ「959パニガーレ」
ドゥカティ「959パニガーレ」

 そんな本作のキャスト陣で一番の“バイク者”といえば、マーゴのボーイフレンド、タイラーを演じるニコラス・ホルトです。インディアンモーターサイクルの公式カスタマイズ・プロジェクトでは、高峰剛氏が手がけるチーフのオーナーとして登場。プライベートではハーレーのダイナやドゥカティ959パニガーレを所有しており、『マッド・ガンズ』(2014年)でもカスタムバイクに乗っていますが、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015年)の撮影はかなり危険だったため、スタントマンに任せたそうです。

『ザ・メニュー』(c)2022 20th Century Studios. All rights reserved.
『ザ・メニュー』(c)2022 20th Century Studios. All rights reserved.

『ザ・メニュー』は、2022年11月18日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショーです。