筋肉俳優ドウェイン・ジョンソンがDC映画に参戦! 5000年の眠りから目覚めた破壊神がスクリーンを飛び出す勢いで大暴れするアクション超大作『ブラックアダム』が、2022年12月2日(金)より全国ロードショーされます。

ドウェイン「DCの全てを変える」

「バットマン」や「ジョーカー」などコミック原作の大作映画を次々とヒットさせてきたDCに、『ワイルド・スピード』シリーズなどで知られる筋肉俳優ドウェイン・ジョンソンが、最新作『ブラックアダム』でついに参戦を果たしました。

『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics
『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics

 ドウェインが「DCの全てを変える」と豪語する本作は、構想10年をかけて製作した最“恐”のアンチヒーロー、ブラックアダムが大暴れするアクション超大作です。

 本作の主人公は、5000年の眠りから目覚めた破壊神・ブラックアダム。「平和なんか知るか」と言い放ち、世界を救う気など毛頭ないアンチヒーローです。規格外のパワーを振りかざし、ルール無用でやりたい放題のブラックアダムの前に立ちはだかるのが、世界を守るスーパーヒーロー軍団・JSA(ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ)の4人。JSAは“危険な”ブラックアダムを止めるべく、地球を揺るがす一大バトルに発展していきます。

 今後さらなる大展開を予定しているDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)の先鋒となるであろう『ブラックアダム』は、アメコミ映画ファンだけでなく全アクション映画/SF映画ファン要チェックです。

ハーレー・ダビッドソン「Fat Boy(2019)」
ハーレー・ダビッドソン「Fat Boy(2019)」

 さて“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンはハリウッドで最も影響力を持つ俳優の一人ですが、彼の魅力が発揮されるのはクルマよりも、やっぱりバイク。主演を務めた大人気シリーズのスピンオフ『ワイルド・スピード スーパーコンボ』(2019年)では、ハーレー・ダビッドソンが顧客のためにカスタムした特別なファットボーイを拝借して撮影したとのことです。この車両は同作のイメージビジュアルにも多用されていたので、見覚えのある人も多いのではないでしょうか。

『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics
『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics

 アメコミ映画界で一段と気を吐く『ブラックアダム』は、2022年12月2日(金)より全国ロードショーです。