2012年に突然この世を去った漫画家・土田世紀の絶筆を吉沢亮、永瀬正敏、小栗旬、阿部進ノ介という豪華キャストを迎えて気鋭の映像作家・澤寛が実写化した『かぞく』が、2023年11月3日(金・祝)より全国順次公開されます。

4人の男の4つの家族

 2012年に亡くなった伝説の漫画家・土田世紀の生きざまを色濃く反映した未完の絶筆作品、『かぞく』が実写映画化されました。原作で描かれた5つのエピソードを、監督の澤寛が自身の生い立ちや経験を織り交ぜつつ、現代家族を包括的に描く映画へと昇華させています。

——父が失踪したマコトは、母と二人、住み慣れた街を離れて新しい街へと向かいます。内縁の妻と密やかに生活を送るケンジ、その妻ハルカはある秘密を抱えています。妻を亡くし、父1人で2人の子供を育てるタケオは、子供たちと海へドライブに出かけました。久しぶりに実家へ帰ってきたユウイチは、自分の名を呼ぶ女性に森の中へといざなわれていきます。これは4人の男の4つの家族が、複雑に絡み合い、喪失から再生へと向かう様を、静かに描く叙情詩。

 土田世紀は17歳で漫画家デビュー、代表作「未成年」「編集王」「雲出づるところ」を送りだし、「同じ月を見ている」で平成11年度文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞、人気作家としてのキャリアを積み重ねていた2012年、突然この世を去りました。

 映画『かぞく』の脚本・監督を務めるのは、映画『十三人の刺客』『るろうに剣心』シリーズ、人気TVCM『au 三太郎』シリーズの衣裳デザイン、キャラクターデザインを務めてきた澤田石和寛。写真作家、映像作家として活動する澤寛(Kan Sawa)として、満を持しての映画監督デビュー。デビュー作にもかかわらず、豪華俳優陣が出演している『かぞく』。すでに国際映画祭への招待も決定しており、その期待度の高さがうかがえます。

ヤマハ「YZF-R1M」
ヤマハ「YZF-R1M」

 吉沢亮、永瀬正敏、小栗旬、阿部進ノ介(主演登場順)という豪華キャストでも話題の本作ですが、なかでもバイクとの共演が多いことで知られているのが小栗旬さん。ドラマ「ウロボロス」ではハーレーダビッドソンのFLSソフテイルスリムに、同じく「リッチマン、プアウーマン」ではヤマハのYZF-R1に乗っていました。

(c)土田世紀/日本文芸社,Aniplex Inc.
(c)土田世紀/日本文芸社,Aniplex Inc.

『かぞく』は2023年11月3日(金・祝)より全国順次公開です。