小説家で弁護士の五十嵐律人が現役司法修習生時代に刊行した本格法廷ミステリーを若き実力派俳優たちを迎えて映画化した『法廷遊戯』が、2023年11月10日(金)より全国順次公開中です。

容疑者、弁護士、そして死者……

 五十嵐律人が現役司法修習生時代に刊行し、第62回メフィスト賞を満場一致で受賞、さらに「ミステリが読みたい!」2021年版新人賞受賞など、ミステリー界の新星として話題となった本格法廷ミステリー小説が、映画『法廷遊戯』として実写化されました。

(c)五十嵐律人/講談社 (c)2023「法廷遊戯」製作委員会
(c)五十嵐律人/講談社 (c)2023「法廷遊戯」製作委員会

——法律家を目指すロースクールの裁判ゲームで起こった悲劇。無罪を主張し「お願い、私を弁護して」とだけ話すと、一切口を開かない容疑者・美鈴。この謎の状況に翻弄される弁護士・清義でしたが、これは死者・結城が仕掛けた最後のゲームでした。「ゲームのプレイヤーは貴方なの」という言葉をヒントに、裁判はマスコミも騒がす前代未聞の展開に。そして暴かれてゆく、封印されていた3人の秘密。追いこまれた清義は究極の決断をしますが……。最も神聖な場のひとつである法廷で待つ驚愕の結末とは?

(c)五十嵐律人/講談社 (c)2023「法廷遊戯」製作委員会
(c)五十嵐律人/講談社 (c)2023「法廷遊戯」製作委員会

『神様のカルテ』『白夜行』の深川栄洋が監督を務め、『総理の夫』『流星ワゴン』の松田沙也が脚本を手掛ける本作。ロースクールに通い、法曹の道を目指す主人公の「セイギ」こと久我清義(きよよし)役に、俳優としても活躍の幅を広げる永瀬廉(King & Prince)、セイギの幼馴染で同じく法律を学ぶ織本美鈴役に杉咲花、「無辜(むこ)ゲーム」と呼ばれる模擬裁判を司る天才・結城馨役に北村匠海と、若き実力派俳優たちが集結。さらに柄本明、生瀬勝久、筒井道隆、大森南朋らのベテラン陣が脇を固めます。

ホンダ「GB400TT(1985)」
ホンダ「GB400TT(1985)」

 永瀬廉さんは実写版『弱虫ペダル』の主人公・小野田坂道役でもお馴染みですが、撮影にあたってはロードレーサーに必要な様々なトレーニングに挑んだそうで、そのストイックな姿勢は広く知られています。また杉咲花さんも『トイレのピエタ』(2015年)で、RADWIMPS・野田洋次郎さんが駆るホンダGB400TTの後部座席に乗るシーンが印象的でした。

(c)五十嵐律人/講談社 (c)2023「法廷遊戯」製作委員会
(c)五十嵐律人/講談社 (c)2023「法廷遊戯」製作委員会

『法廷遊戯』は2023年11月10日(金)より全国順次公開です。