国内外で活躍するレーシングライダー 大久保光選手が、スポット参戦するイタリア選手権の事前テストに参加!そのレポートです。

イタリア選手権へのスポット参戦が決定

 皆さんこんにちは。私は現在イタリアに滞在中ですが、もうすぐで日本に帰る予定です。諸事情により、8耐のレースウィークは私のみ水曜日からの走行となりそうですが、その分、チームメイトの佐野優人選手とエルワン・ニゴン選手が、しっかりと走り込んでくれることでしょう。

 いよいよ鈴鹿8耐が始まると思うと、今からワクワクが止まりません!

大久保光選手がイタリア選手権を戦うカワサキ「ZX-6R」
大久保光選手がイタリア選手権を戦うカワサキ「ZX-6R」

 さて今回は8耐の前に、イタリアにあるミサノサーキットでおこなわれたイタリア選手権(CIV)の事前テストのことを書きたいと思います。ついでに発表させていただきますと、CIVのラスト2戦、ムジェロラウンドとイモらラウンドのSS600クラスに、MR Racingから参戦することになりました。

 マシンはカワサキ「Ninja ZX-6R」。新規立ち上げのチームで、そのお手伝い的なポジションとなりますが、レースに出るからにはしっかりと成績を残せるように頑張ります。

MotoEワールドカップの最終戦もおこなわれるミサノサーキットのピットロード
MotoEワールドカップの最終戦もおこなわれるミサノサーキットのピットロード

 今回はその初テスト。ミサノサーキットは、私のメインカテゴリであるMotoEワールドカップの最終戦もおこなわれる場所なので、しっかりと走り込んでおきたかったこともあり、ちょうど良いタイミングです。初めてのチームということもあり、しっかりとコミュニュケーションを取りながら、マシンを仕上げていきました。

 私自身、600ccに乗るのは久しぶりで、マシンに慣れることもテストの一環。シェイクダウンだったので、もちろん様々なトラブルもありましたが、そのトラブルを見つけていくのが今回のテストの目的。トラブルを解消しつつ、マシンのセットアップを続けていきました。その後、マシンやチームにも慣れ、ある程度連続で周回することもできました。

 元々はスーパースポーツ世界選手権に参戦していた私ですが、1年ぶりの600㏄となると、やはり思うように走れないところもありました(笑)

 しかし、最終的にはある程度タイムを出すことができ、良いテストになったと思います。

 テストは1日だけでしたが、最後は模擬レースをおこなうこともでき、充実した1日。また8月にもムジェロサーキットで2日間のテストがあるので、こちらもしっかりと頑張っていきたいと思います。

ミサノサーキット周辺はビーチも広がる観光地
ミサノサーキット周辺はビーチも広がる観光地

 レースの話からは離れますが、ミサノサーキット付近にはビーチが広がっており、観光地としても栄えています。また、海の幸を使った料理も美味しいので、レース観戦のついでに観光をするにも、オススメのスポットです。

 MotoEワールドカップのミサノラウンドは、9月4日に開催されます。皆様もぜひ、見にきてください!