2022 FIM世界耐久選手権 "コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第43回大会決勝レースが8月7日に開催されました。3年ぶりの勝利。

Team HRCがポール・トゥ・ウィン

 2022 FIM世界耐久選手権 “コカ·コーラ” 鈴鹿8時間耐久ロードレース(以下:鈴鹿8耐) 第43回大会決勝レースが8月7日に開催されました。

「8耐」の相性で親しまれている2022 FIM世界耐久選手権 "コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース。選手がマシンまで走って乗り込むル・マン式スタートが用いられています
「8耐」の相性で親しまれている2022 FIM世界耐久選手権 "コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース。選手がマシンまで走って乗り込むル・マン式スタートが用いられています

 3年ぶりに開催された鈴鹿8耐では、開始2周目で4番手を走るSDG Honda Racing に後方から迫るAstemo Honda Dream SI Racingが追突し、イエローフラッグが振られる波乱の展開でスタート。

 リスタートすると予選22番手からスタートしたYoshimura SERT Motulがトップを奪取。連覇を狙うKawasaki Racing Team Suzuka 8H、Team HRCと共にレースを牽引します。

危なげない走りで終始レースをリードしたTeam HRC
危なげない走りで終始レースをリードしたTeam HRC

 Team HRCは1番手ライダーの高橋 巧選手の活躍により単独トップで走行を続け、2番手ライダーの長島 哲太選手がそのギャップをさらに拡大。

 レース中盤の3時間49分付近には2番手を走っていたKawasaki Racing Team Suzuka 8Hがバックマーカーを抜く際にスリップダウン。マシンに大きな破損はなくすぐさまレースに復帰します。

 レースは中盤以降もHRCが安定した走りとピットワークを見せ、トップで周回。後方ではKawasaki Racing Team Suzuka 8H、YART – YAMAHA Official Team EWC、Yoshimura SERT Motulが後方に続きます。

 また、開始から6時間付近には「青木三兄弟」の長男であり、TERAMOTO@J-TRIP Racingから参戦していた青木 宣篤選手(50歳)が39年に及ぶレース活動に終止符。会場からは拍手が贈られました。

2022年の8耐はTeam HRC(ホンダ)、Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(カワサキ)、Yoshimura SERT Motul(スズキ)と日本メーカーのワークスチームが表彰台を独占
2022年の8耐はTeam HRC(ホンダ)、Kawasaki Racing Team Suzuka 8H(カワサキ)、Yoshimura SERT Motul(スズキ)と日本メーカーのワークスチームが表彰台を独占

 レース後半、残り1時間付近にはEWC(世界耐久選手権)でチームランキング3位につけるYART – YAMAHA Official Team EWCが転倒。しかし、自走でセーフティーカーがコースから除外されるまでに修理を終え、レースに復帰しています。

 レース終盤、残り30分を切ってもTeam HRCはトップを独走し、214ラップで見事優勝。2位はKawasaki Racing Team Suzuka 8H、3位はYoshimura SERT Motulが入賞しています。

 なお、ホンダのファクトリーチームの勝利は2008年、第31回大会のDREAM Honda Racing Team以来となっています。