2022MotoGP第12戦イギリスGP MotoGPクラス決勝レースが8月7日にシルバーストン・サーキットで開催されました。今回のレースではフランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)が勝利し、今季4勝目をマークしました。

バニャイア選手が連勝

 2022MotoGP第12戦イギリスGP MotoGPクラス決勝レースが8月7日にシルバーストン・サーキットで開催されました。

2022MotoGP第12戦イギリスGP MotoGPクラス決勝レースの様子
2022MotoGP第12戦イギリスGP MotoGPクラス決勝レースの様子

 ドライコンディショで開催されたイギリスGP(20周)ではヨハン・ザルコ選手(プリマ・プラマック・レーシング)、マーベリック・ビニャーレス選手(アプリリア・レーシング)、ジャック・ミラー選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)が1列目スタート。

 2列目にはファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、フランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)、アレイシ・エスパルガロ選手(アプリリア・レーシング)が並びます。

 スタート直後、1コーナーをトップで走り抜けたザルコ選手は、その後も快走するも5周目でまさかの転倒。翌周にはアレックス・リンス選手(チーム・スズキ・エクスター)がトップに立ちます。

 12周目に入ると2番手につけていたバニャイア選手がトップを奪取。14周目に入るとミラー選手がリンス選手を交わし2位に浮上し、その後方にはビニャーレス選手、ホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)が続きます。

 レースは終盤まで接戦が続くもバニャイア選手が逃げ切り今季4勝目。0.426秒差でビニャーレス選手、0.614秒差でミラー選手がフィニッシュしています。

 今回のレースを終え、連勝を記録したバニャイア選手は次のようにコメントしています。

フランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)

フランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)
フランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)

「今日は勝てるとは思っていなかったです。昨日までは5位以内に入ればいいと思っていました。ソフトタイヤが最後まで持つかどうかわからなかったので、フロントはミディアムで走ることにしたのですが、当初はその決断に満足していなかったです。

 でもレースでは、リアタイヤが摩耗していても、最後まで速く走ることができたので、正しい選択だったと思います。苦労した分、チームには本当に感謝していますし、彼らのサポートのおかげで、僕のキャリアの中でも最高の勝利になりました」。