2022MotoGP第15戦アラゴンGP MotoGPクラス決勝レースが9月18日にスペインのモーターランド・アラゴンで開催されました。今回のレースではエネア・バスティアニーニ選手(グレシーニ・レーシングMotoGP)が勝利し、今季4勝目をを記録しました。

2022MotoGP第15戦アラゴンGP MotoGPクラス決勝レースが9月18日にスペインのモーターランド・アラゴンで開催されました。

2022MotoGP第15戦アラゴンGP MotoGPクラス決勝レーを制したエネア・バスティアニーニ選手(グレシーニ・レーシングMotoGP)
2022MotoGP第15戦アラゴンGP MotoGPクラス決勝レーを制したエネア・バスティアニーニ選手(グレシーニ・レーシングMotoGP)

 ドライコンディショで開催されたアラゴンGP(23周)では、フランセスコ・バニャイア選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)、ジャック・ミラー選手(ドゥカティ・レノボ・チーム)、エネア・バスティアニーニ選手(グレシーニ・レーシングMotoGP)が1列目スタート。

2列目にはアレイシ・エスパルガロ選手(アプリリア・レーシング)、ヨハン・ザルコ選手(プリマ・プラマック・レーシング)、ファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が2列目に並びます。

 スタート直後、トップで1コーナーを回ったのはバニャイア選手でしたが、3コーナーではポイントランキングトップのクアルタラロ選手がマルク・マルケス選手(レプソル・ホンダ・チーム)と接触し転倒リタイア。

 また、8コーナーでは中上貴晶選手(LCRホンダ・イデミツ)がマルク・マルケス選手と接触し転倒リタイアと波乱のスタートとなりました。

 6周目に2番手に浮上したバスティアニーニ選手は、9周目にバニャイア選手を交わしてトップを奪取。

 その後、バスティアニーニ選手はバニャイア選手に抜かれるも最終ラップで再びトップを奪い返し0.0042秒差で優勝。2位はバニャイア選手、3位には6.139秒差でアレイシ・エスパルガロ選手が入賞しています。

 今回のレースを終え、ノーポイントながらポイントランキングトップを守り抜くファビオ・クアルタラロ選手は次のようにコメントしています。

■ファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

ファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
ファビオ・クアルタラロ選手(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)

「1周目にアクシデントが2つあったのは、確かに残念でした。順位を挽回するには十分でしたが、それ以上のものを求めていました。

レースでは高速コーナーでもう少し速く走れるような工夫をしたのでしが、実際にはあまり改善されなかったです。ただ、自分が出せる最大限の力を出すことに集中したので、高速コーナーでの改善点を見つけ、日本で再挑戦するつもりです」。