スーパーバイク世界選手権(WSBK)の2022年シーズ第8戦スペイン決勝レースが9月24日から25日にかけてバルセロナ・カタロニア・サーキットで開催されました。今回のレースではアルバロ・バウティスタ選手(Aruba.it Racing – Ducati)がレース1、スーパーポール、レース2で優勝を飾りました。

ポイントランキングトップのバウティスタ選手が3連勝

 スーパーバイク世界選手権(WSBK)の2022年シーズ第8戦スペイン決勝レースが9月24日から25日にかけてバルセロナ・カタロニア・サーキットで開催されました。

スーパーバイク世界選手権(WSBK)の2022年シーズ第8戦スペイン決勝レース
スーパーバイク世界選手権(WSBK)の2022年シーズ第8戦スペイン決勝レース

 決勝レース初日のレース1(20周)では、ライダーズランキングトップのアルバロ・バウティスタ選手(Aruba.it Racing – Ducati)が優勝。2位にジョナサン・レイ選手(Kawasaki Racing Team WorldSBK)、3位にギャレット・ガーロフ選手(GYTR GRT Yamaha WorldSBK Team)が入賞しています。

 翌25日、スーパーポール・レース(10周)ではレース1に続きバウティスタ選手が優勝。2位にジョナサン・レイ選手、3位にアレックス・ロウズ選手(Kawasaki Racing Team WorldSBK)が入賞。

 バウティスタ選手の勢いは止まらず、同日に行われたレース2(20周)でも優勝、2位にマイケル・ルーベン・リナルディ選手(Aruba.it Racing – Ducati)、3位にトプラク・ラズガットリオグル選手(Pata Yamaha with Brixx WorldSBK)が入賞しています。

 今回のレースで3連勝を果たしたバウティスタ選手は次のようにコメントしています。

■アルバロ・バウティスタ選手(Aruba.it Racing – Ducati)

「優勝はとてもとてもうれしいです。多くのファン、友人、家族の前で勝てて最高でした。いつだって特別な気分です。しかし、レース1は簡単な勝利ではなかったですし、レースの鍵はタイヤでした。だから、トプラックが確信を持って攻めてきたにもかかわらず、最初の数ラップは限界までプッシュしないようにしたんです。

 2日目の結果は本当に超ハッピーです。素晴らしい週末でしたが、簡単だったとは思わないでほしいです。確かに、全レースで、しかも差をつけて勝つことができましたが、それはチームとの仕事が本当に良かったからに他ならないのです。家族や友人、そしてバルセロナに足を運んでくれた多くのファンに、いい感動を与えることができたのは嬉しいことです。とはいえ、シーズンはまだ長いので集中力を切らさないようにしなければなりません」。