カワサキは新型のネイキッドモデル「Z650RS」を2022年春頃に国内導入します。どのような特徴を備えているのでしょうか。

ミドルクラスのネオレトロモデルが登場

 カワサキは新型のネイキッドモデル「Z650RS」を2022年春頃に国内導入します。

 日本に先駆け、欧州市場に導入されるZ650RSは、発売以来、根強い人気をもつ「Z900RS」と同じく、往年の「Z」シリーズ(Z650-B1)からインスピレーションを受けたネオレトロモデルです。

 チューブラー・トレリスタイプのフレームを採用し、軽快なレスポンスと安心感のあるハンドリングを実現した新型のZ650RSでは、現行のZ650とNinja 650に搭載されている排気量649 ccの水冷並列2気筒エンジン(最高出力は68PS)を搭載。

2022年春頃に国内導入予定のカワサキ新型「Z650RS」

 サスペンションは、フロントにφ41mmの正立フォーク、リアにはプリロード調整可能なホリゾンタルリンク式サスペンションを採用し、ブレーキはフロントにツインピストンキャリパー、リアにシングルピストンキャリパー、200mmローターを備えたうえで、ボッシュ製アドバンストABSを装備しています。

 また、外装色においてはZ650-B1を彷彿とさせるグリーンのほか、ブラックやグレーを基軸にしたバージョンも用意。シート高を820mmから800mmに下げることができるローシートアクセサリーもラインナップされているようです。

 かつてのモデルに対するオマージュにより誕生したZ650RSが国内市場でどれほどのセールスを記録するのか、期待が高まります。