原付バイクのように小回りが利いて気軽に乗れるのに、原付バイクよりスピーディーでパワフル。燃費の良さや取り回しの良さ、何より利便性の高さが魅力の125cc原付二種。自動車をお持ちの方ならファミリーバイク特約保険に加入もできて、お財布にも優しい。125㏄のバイクは通勤通学からツーリングまで、1台で何役もこなしてくれるバランスの良いバイクと言えるでしょう。しかし、そんな125cc原付二種でも走行できない道があるのです。いったい、どういった道が当てはまるのでしょうか。

125ccバイクが走行不可な道とは?

 原付二種は50㏄の原付一種とは異なり、二段階右折義務の解除やタンデム走行の解禁など、原付一種に比べて走行する際の自由度が高くなります。また、原付二種は、原付通行禁止の道路でも走行することができます。しかし、高速道路や自動車専用道路での走行は禁止されています。原付一種以上、自動二輪車未満と考えるとイメージしやすいのではないのでしょうか。

 NEXCO東日本によると、「高速道路とは、高速自動車国道と自動車専用道路を指します。高速道路では、ミニカー、総排気量125㏄以下の普通自動二輪車、原動機付自転車は通行できません。

 また、農耕用作業車のように構造上時速50km以上の速度がでない車両や、ほかの車をけん引しているため時速50km以上の速度で走ることのできない車両(けん引装置、被けん引装置のある車両は除く)も、高速自動車国道を通行することはできません」と記載されてます。

 つまり、原付で高速道路を走行する行為は立派な「通行禁止違反」であり、違反点数2点に加えて反則金として6000円が科せられるのです。

近年は自転車や原付で高速道路へ誤侵入する例が増えている

 ところが、近年は自転車や原付で高速道路へ誤侵入する例が増えています。高速道路の出入口には、歩行者や自転車侵入禁止の看板や横断幕、自動車専用道路の標識が設置され、間違えて侵入しないように注意喚起を促しています。しかし、スマホを見ていたため不注意で侵入するケースや、また自動車用のナビを使っていたためナビ通りに侵入してしまうケースなど、不注意による侵入が後をたちません。

 万が一不注意で侵入してしまった場合は、料金所にある発券機のインターホンを使用して料金所スタッフへ連絡しましょう。高速道路上でのUターンやバックは、車両の往来があり危険なため禁止されています。自身で判断して行動せず、必ずスタッフの指示に従うようにしましょう。

 走行中に止められることはなくとも監視カメラの映像から車両を特定され、後日警察から連絡がくる場合もあるため、くれぐれも原付二種で高速道路を走行しないように心がけましょう。

 また、高速道路以外にも浸入してはいけない道路や、自動二輪車を含めて通行規制されている区間が500か所ほど存在します。

 有料である点や走行が禁止されている点は高速道路と同様ですが、原則は最高速度を一般道路と同じく60km/h以下に規定されている点が異なる点です。その他にも、無料のバイパスなどでも125㏄以下のバイクの侵入を禁止している場合があります。

レインボーブリッジは125ccの通行が可能です

 一般社団法人日本二輪車普及安全協会の公式ホームページから引用すると、「横浜ベイブリッジは125cc以下通行禁止、かたやレインボーブリッジは125ccの通行は可能。宇都宮市の「大通り」は、夜間になぜか120cc以上の二輪車を一斉排除。茨城では、筑波山への二輪車のアクセスが複雑に規制され、「ライダーは心から観光を楽しめない」とのこと。

 これらは単純に排気量によるクラス分けでの規制のみならず、暴走行為や騒音対策などで夜間のみ通行禁止とされている道路も存在します。暴走族などによる迷惑行為を防止するための規制が今では形骸化してしまい、現代ではかえって一般のライダーにとって不便な規制となっている場合もあるのです。

 NMCA日本二輪車協会のWebサイトの「二輪車道路規制情報」には全国の二輪車通行規制道路の情報が記載されているため、一度目を通してみるのも良いかもしれません。

※ ※ ※

 軽量で取り回しやすく、自動二輪車や自動車と同様に一般道路を走ることができるなど、魅力あふれる原付二種。

 しかし、高速道路や自動車専用道路など、走行規制により走ることができない道も存在します。走行禁止されている道路へ侵入することのないよう、道路標識や周囲の状況をしっかり確認して、日頃から安全運転を心掛けましょう。