川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機は11月13日・14日に行われる「スーパー耐久レースin岡山」(3時間レース)において、カーボンニュートラル実現に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる挑戦について共同で発表しました。どのような取り組みが行われるのでしょうか。

水素エンジン搭載のバイクが登場か!?

 川崎重工、SUBARU、トヨタ、マツダ、ヤマハ発動機は11月13日・14日に行われる「スーパー耐久レースin岡山」(3時間レース)において、カーボンニュートラル実現に向け、内燃機関を活用した燃料の選択肢を広げる挑戦について共同で発表しました。

 今回行われた会見では燃料を「つくる」「はこぶ」「つかう」選択肢をさらに広げていくために、(1)カーボンニュートラル燃料を活用したレースへの参戦、(2)二輪車等での水素エンジン活用の検討、(3)水素エンジンでのレース参戦継続、の3つの取り組みに挑戦することが発表されました。

 内燃機関と組み合わせた燃料の「つくる」「はこぶ」「つかう」の更なる連携を進めることで、今後5社は、カーボンニュートラル実現に向けて、電動化への取り組みに加え、ユーザーにより多くの選択肢を提供することを目指し、一体となって挑戦していくといいます。

2021年11月13日に行われた記者会見。左からカワサキモータースの伊藤社長、ヤマハ発動機の日高社長(高ははしごだかです)、スズキの伊藤常務

 なお、二輪領域における取り組みは以下の通りです。

■二輪車等での水素エンジン活用の検討

 水素エンジン開発の共同研究の可能性について検討を開始(川崎重工、ヤマハ発動機)

 川崎重工は、2010年から次世代エネルギーとして水素に着目し、社会生活に必要なサプライチェーン全体(「つくる」「はこぶ」「つかう」)にわたる技術開発を進めてきました。現在、オーストラリアの褐炭からつくった大量かつ安価な水素を日本へ「はこぶ」ための実証試験を開始し、2021年度中には川崎重工が建造した世界初の液化水素運搬船「すいそふろんてぃあ」による水素の輸送を予定しています。また「つかう」では、2018年に世界で初めて成功した市街地での水素100%を燃料とするガスタービン発電技術で培った水素燃焼技術をベースに、航空機用、船舶用、二輪車用といった陸・海・空のモビリティ向け水素燃料エンジンの開発を進めています。

 ヤマハ発動機は、二輪車やROV(四輪バギー)等、自社製品への搭載を視野に入れた水素エンジンの技術開発を行っています。そして、これらの開発を加速させるために、新規の設備導入の準備と、社内における開発体制の強化を進めています。

 このたび、川崎重工とヤマハ発動機は、二輪車への搭載を視野に入れた水素エンジンの共同研究について検討を開始しました。さらに今後は、本田技研工業株式会社、スズキ株式会社が加わり、4社で二輪車における内燃機関を活用したカーボンニュートラル実現への可能性を探っていく予定です。協調と競争を分けるべく、協調領域と協働研究の枠組みを明確にした上で推進していきます。

※ ※ ※

 5社の発表のあとにはホンダとスズキも協業することが発表された水素エンジン開発。これまで日本のメーカーが培ってきた高い完成度を誇る内燃機関が今後、どのような転身を遂げるのか期待が高まります。