ホンダは、「CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP」および記念モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」を2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

初代モデルのカラーリングをモチーフとした30周年記念モデル登場

ホンダは、2022年モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP」および記念モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」を、2021年11月25日からイタリア・ミラノで開催されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

 EICMA2021に出展された2022年モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP」および記念モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」は、1992年の初代モデル「CBR900RR」の誕生以来30年に渡るチャレンジを記念して、初代モデルのカラーリングをモチーフとした30周年記念モデルを設定しています。

1992年の初代モデル「CBR900RR」誕生30年周年記念モデル「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」

 2022年モデルは、160kW/14,500rpmの最高出力を持つ直列4気筒エンジンの中速域の出力特性を変更。ドリブンスプロケットの丁数を3丁増やし43丁とし、各ギアでより力強い加速力を実現しています。また、「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」は、HRCのテストライダーからのフィードバックをもとに、制御の熟成を図っています。

Nissin製フロントブレーキキャリパーのピストンに新素材に特殊表面加工を施すことで、サーキット走行における高負荷時の操作性向上

 また、CBR1000RR-R FIREBLADEに採用するNissin製フロントブレーキキャリパーのピストンに新素材に特殊表面加工を施すことで、サーキット走行における高負荷時の操作性向上に寄与し、さらにCBR1000RR-R FIREBLADE SPにはオーリンズ製の電子制御式サスペンションおよびブレンボ製のブレーキパーツを引き続き採用。またクイックシフターの制御も今回新たに最適化しています。

1992年の初代モデル「CBR900RR」誕生30年周年記念モデル「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」と歴代モデル

 EICMA2021で公開されたホンダの新型「CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP」および記念モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」は、日本への導入を予定しています。