全地形対応車であるATVやバイクを製造、販売する「CFMOTO」は、新型「SR」シリーズを2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

幅広いシーンで楽しめるシングル・スポーツ

 全地形対応車であるATVやバイクを製造、販売する「CFMOTO」は、新型「SR」シリーズを2021年11月25日から28日にかけてイタリア・ミラノで一般公開されるバイクの見本市「EICMA 2021」で公開しました。

 ロードレース世界選手権Moto3への参戦を発表したCFMOTOは、2021年よりオーストリアのバイクブランド「KTM」と提携を果たしているブランドで、排気量125ccから700ccまでのネイキッドモデルやアドベンチャーモデルなど複数のモデルを展開しています。

 CFMOTOの最新フルカウルスポーツ「SR」シリーズは、排気量249cc、292,4ccの単気筒水冷DOHC4バルブエンジン搭載の2タイプが用意されたモデルで、サイズは全長×全幅×全高/2010×750×1080 mm、ホイールベース/1360 mmと、ヤマハ「YZF-R25」やホンダ「CBR250RR」、カワサキ「Ninja 250」、スズキ「GSX250R」などと同等のものとなっています。

 欧州を中心に右肩上がりの売上を達成しているCFMOTOの製品ですが、日本でも人気の高いフルカウルスポーツモデルだけに国内市場への導入に期待したいところです。