バイクツーリングで立ち寄る高速道路のパーキングエリアやサービスエリアでは、地元ならではの食材を使ったグルメを楽しむこともできます。関越自動車道「上里SA」(上り)で、深谷ねぎをふんだんに使ったラーメンに出会いました。

深谷ねぎは埼玉県のPAやSAで使われる人気食材!

 関越自動車道「上里SA」(上り)は、上信越自動車道や北関東自動車道から合流して東京へ向かうと最初のSA(サービスエリア)です。休日には多くのドライバーやライダーで賑わいます。

「上里SA」で食した「深谷ねぎ×ネギラーメン」(880円)。奇を衒わないシンプルな醤油スープに中太麺とシャキシャキの深谷ねぎがよく絡み、満足度の高い一杯
「上里SA」で食した「深谷ねぎ×ネギラーメン」(880円)。奇を衒わないシンプルな醤油スープに中太麺とシャキシャキの深谷ねぎがよく絡み、満足度の高い一杯

 施設内は飲食店が充実しており、レストラン「GRILL 膳-ZEN-」のほか、フードコートには豚肉料理を提供する「上州ぽ〜く亭」、「天丼てんやHIGHWAY」、「饂飩蕎麦 彩の国」、ラーメン店の「らーめん 那の福」などがあります。

 今回は「らーめん 那の福」で埼玉県深谷市の名産、深谷ねぎを使った「深谷ねぎ×ネギラーメン」(880円)をオーダーしました。ネーミングからして、ねぎがふんだんに使われていることが容易に想像できます。

 深谷ねぎと言えば、同じく関越道で「三芳PA」の「深谷ねぎのねぎぺぺ」や、「寄居PA」の「深谷ねぎ塩だれ豚丼」などでも味わうことができる人気食材です。

 出来上がってきた「深谷ねぎ×ネギ 醤油ラーメン」は、醤油ベースのオーソドックスなスープが中太麺によく絡む、昔ながらの中華そばという印象です。肝心の深谷ねぎは細かく刻まれてたっぷりと載せられ、そこに鰹節が少々振りかけられています。

 深谷ねぎと醤油スープのマッチングが絶妙な味わいで、これだけでも価値ありだと感じました。ねぎ本来の甘みを活かすなら大きめにざっくり切った方が良いのでは? とも思いましたが、ラーメンの具材としてはこれくらい細かい方が食べやすいのかもしれません。

「らーめん 那の福」の他のメニューを見ると、群馬県産の豚肉を使った「炙り豚 醤油ラーメン」や「炙り豚 黒とんこつラーメン」なども魅力的です。これはまたいつか食べてみたいところです。

2輪専用の駐車スペースも完備されているのでバイクでも安心して立ち寄れるが、バイクの利用者に対して十分とは言い難い規模。すぐにあふれてしまう
2輪専用の駐車スペースも完備されているのでバイクでも安心して立ち寄れるが、バイクの利用者に対して十分とは言い難い規模。すぐにあふれてしまう

 食後に店内を散策していると、地元農家の新鮮野菜の販売コーナーが盛況の模様。また信州産の土産品などもあり、まさに各地の名産が合流するエリアらしい品揃えです。せっかくなので、お土産には群馬県産の「くるみゆべし」(540円)と「下仁田ネギの食べるラー油」(540円)を購入して帰路につきました。