カワサキは新型のネイキッドモデル「Z650RS」および特別仕様車「Z650RS 50th Anniversary」を発売します。あらためてその特徴を振り返ってみましょう。

ミドルクラスのネオレトロモデルが登場

 カワサキは新型のネイキッドモデル「Z650RS」および特別仕様車「Z650RS 50th Anniversary」を2022年4月28日に発売します。

カワサキの新型ネイキッド「Z650RS 50th Anniversary」
カワサキの新型ネイキッド「Z650RS 50th Anniversary」

 日本に先駆け、欧州市場に導入されたZ650RSは、発売以来、根強い人気をもつ「Z900RS」と同じく、往年の「Z」シリーズ(Z650-B1)からインスピレーションを受けた新型ネオレトロモデルです。

カワサキの新型ネイキッド「Z650RS」。Z650と同じくチューブラー・トレリスタイプのフレームを採用することで軽快な走行を実現しました
カワサキの新型ネイキッド「Z650RS」。Z650と同じくチューブラー・トレリスタイプのフレームを採用することで軽快な走行を実現しました

 Z650から継承したチューブラー・トレリスタイプのフレームを採用し、軽快なレスポンスと安心感のあるハンドリングを実現した新型のZ650RSでは、現行のZ650とNinja 650に搭載されている排気量649 ccの水冷並列2気筒エンジン(最高出力は68PS/8000rpm)を搭載。

 サスペンションは、フロントにφ41mmの正立フォーク、リアにはプリロード調整可能なホリゾンタルリンク式サスペンションを採用し、ブレーキはフロントにツインピストンキャリパー、リアにシングルピストンキャリパー、200mmローターを備えたうえで、ボッシュ製アドバンストABSを装備しています。

カワサキの新型ネイキッド「Z650RS」
カワサキの新型ネイキッド「Z650RS」

 また、外装色においてはZ650-B1を彷彿とさせるキャンディエメラルドグリーンのほか、メタリックムーンダストグレー×エボニーも用意。

 Zシリーズ誕生50年の節目を記念し、通称「火の玉」カラーとよばれるファイヤーボールカラー(キャンディダイヤモンドブラウン)の外装色や専用エンブレムを備えた「Z650RS 50th Anniversary」も同日に発売されます

 シート高800mmと足つき性の良さなどにもこだわったZ650RSの価格(消費税10%込)は101万2000円、Z650RS 50th Anniversaryは110万円となっています。