MotoEワールドカップに参戦するレーシングライダー大久保光選手が、カワサキ「Ninja ZX-25R」でツーリング&サーキット走行!その様子を、レポートしてくれました。

ツーリングとサーキット走行の両方を1日で楽しむことは可能?

 こんにちは!レーシングライダーの大久保光です。

 今回は、カワサキ「Ninja ZX-25R」で『プロライダーがツーリングしたついでに、サーキットを走ってみた』という企画をやってみたので、その様子をレポートします。

ツーリングがてらサーキット走行を楽しむ企画を立てたレーシングライダーの大久保光選手。無事にテルル桶川スポーツランドに到着! 平日ということもあり比較的に空いていましたが、風が強かったようです
ツーリングがてらサーキット走行を楽しむ企画を立てたレーシングライダーの大久保光選手。無事にテルル桶川スポーツランドに到着! 平日ということもあり比較的に空いていましたが、風が強かったようです

 当日は、朝の8時ごろに自宅を出発。

 今回は、いつもトレーニングなどでお世話になっている、埼玉県桶川市にあるテルル桶川スポーツランドをゴールに、ツーリングをしてきました。さらに、そのまま自走してきたバイクで、スポーツ走行も走っちゃおう! という企画です。

地元のガソリンスタンドで満タンにして目的地に出発! スポーツ走行時にガス欠するのを避けるため、余分に給油しておきました
地元のガソリンスタンドで満タンにして目的地に出発! スポーツ走行時にガス欠するのを避けるため、余分に給油しておきました

 まずは、ツーリング用の服装ですが、そのままサーキット走行もできるよう、自宅からフル装備(フルフェイスのヘルメット、レーシングスーツ、レーシンググローブ、レーシングブーツ、脊髄パット、チェストパット)と、その上に大きめの上着を着て出発しました。

 上着は、中学2年生の時に父に買ってもらったカナダ軍のジャンパーを着用。やはり軍用のものということもあり、10年以上経っていますが色あせも少なく、問題なく使用できています。

 元々レーシングスーツ の上から着るために買ってもらったので、レーシングスーツの上から着てからも問題はないサイズ感。サーキットまでの、心強いツーリングのお供となりました。

地元のガソリンスタンドで満タンにして目的地に出発! スポーツ走行時にガス欠するのを避けるため、余分に給油しておきました
地元のガソリンスタンドで満タンにして目的地に出発! スポーツ走行時にガス欠するのを避けるため、余分に給油しておきました

 そんな格好で出発しましたが、早速地元のガソリンスタンドに寄って満タンに。スポーツ走行時にガス欠になることは避けたかったので、余分にガソリンを入れていきました。

 私の住んでいる東大和市からテルル桶川スポーツランドまでは、約40kmほど。ちょうど良い距離だなぁと思いつつ、安全運転でサーキットに向かいます。

 多摩湖を越えて埼玉に入り、新所沢の駅の脇を抜けて川越方面への道をただひたすらにバイクを走らせます。

 そして、途中からは一面に畑が広がる景色を楽しみつつ、1時間半ほどでテルル桶川スポーツランドに到着しました。

 まずはバイクを指定の場所に止め、走行の受付をします。テルル桶川スポーツランドは、自走で来て、そのままサーキット走行を楽しむ人が多く、今回も3人ほどいらっしゃいました。ちなみに、自走車の駐車場は、事務所前にあるバスの前となっております。

 今回は、午前中のみの走行。午前中のみの走行料は、3200円です。

 走行時間は30分×3本用意されているのですが、私は1本目の走行時間には間に合わず、残りの2本を走行することになりました。

バイクの楽しみ方全部盛りの1日

 サーキットを走行するにあたり、自走してきたバイクでは、少し準備をしなければならないことがあります。

工具はこのような形で借りることができます。また、詳しく知りたい方は事務所にてパンフレットを。貴重品はコインロッカーで管理できます
工具はこのような形で借りることができます。また、詳しく知りたい方は事務所にてパンフレットを。貴重品はコインロッカーで管理できます

 まず、ミラーを取り外さなければなりません。その際の工具等は、桶川サーキットで貸してもらうことができます。

 それからヘッドライト、ウインカー等にテープを貼ります。これは、万が一転倒した際にライトなどが破損して、サーキットに飛び散ることがないようにするためです。

ミラーを外してライト等にテープを貼って走行券を見えやすいところに貼っていざ、サーキット走行へ!
ミラーを外してライト等にテープを貼って走行券を見えやすいところに貼っていざ、サーキット走行へ!

 貼るテープはビニールテープ等、入手しやすいもので問題は無く、テープは持参、もしくは事務所で購入することができます。

 詳しくは、サーキットの事務所に初心者向けのパンフレットが用意されているので、そちらを参考にしていただければと思います。

 その他、タイヤの空気を入れることが出来るコンプレッサーやエアゲージ付きの空気入れも用意されています。

 走行時間は1時間の内、最初の30分がミニバイク、後半の30分が大型バイクとなっているので、排気量250㏄のNinja ZX-25Rは大型バイク枠に該当。また、走行する台数によっては走行時間のなかで、ラップタイムを基準としたクラス分けがおこなわれることも。その際は、ミニバイクのなかで2クラス、大型バイクのなかで2クラスの走行枠となり、各クラス1本15分となるので、来場時に確認するようにしましょう。

 今回は、走行台数が少なかったため30分間。私の走行は、10時30分から始まりました。

 まず、コースイン直後はタイヤも冷えた状態なので、時間をかけてゆっくりとタイヤを温め、徐々にペースを上げていきます。

自走の方の駐輪エリアから見たサーキットの様子
自走の方の駐輪エリアから見たサーキットの様子

 普段のトレーニングであれば、タイヤウォーマー(タイヤを温める装置)を使って1周目からペースを上げて走りますが、今回は街乗り仕様のバイクな上にタイヤウォーマーもなく、ストリートタイヤ装着車という条件なので、細心の注意を払っていきました。

 自分のなかでタイヤがしっかりと機能していることを確認できた後は、バイクのバンク角を徐々に増やし、ある程度のペースで走行を続けることができました。

 やはり、サーキット走行も楽しいものです。転倒もなく無事に午前中の走行を終えると、再びミラーを取り付けて、ライトにつけたテープを剥がし、サーキットを後にしました。

 本来なら、そのまま帰宅する予定でしたが、サーキットスタッフの皆様に強く勧められたこともあり、ちょっとお昼ご飯を食べに寄り道をすることに。サーキットを出てから3kmほど走ったところに、「そうま水産」という海鮮料理レストランがあるとのことで、そちらに立ち寄ることに決定。「埼玉なのに、海鮮もの?」と、疑問に思った人もいると思いますが、なかなか雰囲気の良いレストランで、お昼時ということもありほぼ満席状態でした。

桶川スタッフオススメのサーキット近くにあるそうま水産
桶川スタッフオススメのサーキット近くにあるそうま水産

 お得なランチメニューも用意されていて、そのなかで気になったのは「漁師の昼メシ」という名前の定食。値段も1100円とそれほど高くなかったので注文してみると、お味噌汁とご飯はセルフでお代わりし放題という大サービス。

 実際に注文した定食が届くと、びっくり! とても量が多いではありませんか!

このボリュームで税込1100円! 埼玉でこんなに美味しい海鮮ものを楽しめるとは……嬉しい誤算です
このボリュームで税込1100円! 埼玉でこんなに美味しい海鮮ものを楽しめるとは……嬉しい誤算です

 山盛りになった海鮮丼とお魚のフライを見ているだけで、さらに食欲がそそります。走行後ということもあり、お腹が空いていた私は、そのまま夢中で食べて気がつけば完食していました。

 少し食べ過ぎた感はありましたが、家に帰るまでの距離と時間が考えれば悪くないと思いながら、そうま水産を後にして帰路につきます。

 気軽にツーリングをして、そのままサーキット走行も楽しめ、美味しいご飯も楽しめるという、充実した1日となりました。

 皆様も、ツーリングの目的地をサーキットに定め、ツーリングがてらサーキットでのスポーツ走行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 最後になりましたが、今回の企画に協力してくださったテルル桶川スポーツランドの皆様、本当にありがとうございました!