カワサキモータースジャパンは、2021年11月にイタリアのミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA2021」で初公開した新型モデル「KB4」の購入権の申込受付を開始しました。

満を持して登場したKB4の購入権申込受が開始

 カワサキモータースジャパンは、2021年11月にイタリアのミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA2021」で初公開した新型モデル「KB4」の購入権の第一期申込受付を2022年1月17日16時に開始しました。

カワサキ製エンジンを搭載したビモータ「KB4」
カワサキ製エンジンを搭載したビモータ「KB4」

 ビモータの最新モデルKB4は、川崎重工業がビモータの49%の株式を取得し、ブランドメインオーナーとなったことで誕生したビモータ「TESI H2」に続くモデルとして開発された、自然吸気エンジン搭載のフルカウルスポーツモデルです。

 搭載されるエンジンはカワサキ「Ninja 1000SX」の排気量1043cc水冷並列4気筒DOHC4バルブエンジンで、最高出力104.5kW(142HP)/10000rpm、最大トルク111N・m(11.3kgf・m)/8000rpmを発揮。

カワサキ製エンジンを搭載したビモータ「KB4」。リアラジエーターへとつながるダクトを備えるなど、独自の構造が与えられています
カワサキ製エンジンを搭載したビモータ「KB4」。リアラジエーターへとつながるダクトを備えるなど、独自の構造が与えられています

“Vintage Inspired”をコンセプトにした外観は、かつて販売された「KB1」(1978年)、「KB2」(1981年)、「KB3」(1983年)のイメージを踏襲したもので、リアラジエーターへのダクトなど、独自の構造が備わっています。

 なお、KB4購入権の第一期申込受付の期間は1月31日(月)までで、価格(消費税10%込み)は437万8000円となっています。